9tsu、9tsu、miomio、pandoraTVでごめん、愛してる最終回を見るには。

このページでは、ごめん、愛してるの最終回の9tsu、miomio、pandoraTVの動画視聴リンクを掲載しています。

ごめん、愛してる最終回を見逃してしまった方は、9tsu、miomio、pandoraTVを使って視聴するのもいいかもしれません!

ごめん、愛してる最終回のあらすじ

ごめん、愛してる最終回のあらすじです。

分かりづらい部分があるかもしれませんので、9tsu、miomio、pandoraTVで動画を無料視聴する前に、予習しておくとより理解が深まります!

 

先週は、岡崎律(長瀬智也さん)と三田凜華(吉岡里帆さん)はお互いの気持ちを確認しあうが、律は凛華の前からいなくなってしまう、というところで終わりましたね。

 

今週は、律を探す凛華から始まりました。

律の心臓は日向サトル(坂口健太郎さん)に適合することが判明。

律は、古沢塔子(大西礼芳さん)の別荘で過ごす。

そこに凛華は追いかけていき、律は凛華を受け入れます。

 

そしてさらに、そこに現れる日向サトル(坂口健太郎さん)。

サトルと律は2人で話しをしたいと申し出、そこでサトルは、自分は養子であると律に告白します。

 

そして倒れるサトル。

病院までサトルを送った律に三田恒夫(中村梅雀さん)は、自分が、産まれたばかりの律を施設に捨てた、と話す。

そして、麗子には子供は死んだと伝えたことを話し謝る三田。

 

全てを知った律は麗子を自宅に送り、麗子にご飯を作ってもらう。

そして、律は今までの動画をすべて削除し、凛華の画像も全て削除し、凛華に愛していると告げ。。。。

 

一年後、サトルは舞台に立つ。

そして凛華は新たな道を、、というところで終わりました。

ごめん、愛してる最終回の感想

9tsu、miomio、pandoraTVでのごめん、愛してる最終回の動画を視聴する前に、ごめん、愛してる最終回を見た感想をお伝えさせてください!

 

遂に、終わってしまいましたね。

美男美女揃いのドラマで、ストーリーは切なかったけど、とても華やかなドラマでした。

それにしても、最終回、凛華も切ないし、律も切ないし、サトルも切ないし、麗子も切ないし、なんだか切ない人ずくしでした。

でも、最後はそれぞれが新しい希望を見つけたのではないかと信じたいですね。

 

そして、長瀬智也さん演じる律は、カッコ良いけど不器用な人間で、長瀬さんにとてもピッタリだったように思います。

律の男くささと人間くささが、最後までカッコよく素敵に描かれていましたね。

 

当初は、律と凛華の年齢差が気になるかな?と思いましたが、律の繊細さと凛華の若いがゆえのおおらかさが、すごくマッチして、とてもお似合いのカップルでした。

律に凛華がいて良かった、って思いました。

ごめん、愛してる最終回の見どころ

9tsu、miomio、pandoraTVでごめん、愛してる最終回の動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

最終話の見どころは、律のことを麗子は自分の子だと知ることになるのか、というところでしたね。

ここが、この物語の一番のキーポイントで、全ての始まり。

ここが1つでも違っていたら、誰も哀しい想いをしなくても良かったのかもしれない。

でも、そうでなければ、律と凛華は出会うこともなかったわけだし、なんていうか哀しい運命ですね。

 

そして、最終話で律は本当に死んでしまうのか。

こういう物語って、初回に結末が描かれているにも関わらず、どんでん返しはないのか!と期待してしまいます。

最後まで幸せだったと律に感じてもらいたいですね。

ごめん、愛してる最終回の予告動画

こちらはごめん、愛してる最終回の予告動画。

9tsu、miomio、pandoraTVでの動画無料視聴に向けて気分を盛り上げておきましょう!

9tsu、miomio、pandoraTV動画視聴リンク

ごめん、愛してる最終回の9tsu、miomio、pandoraTVでの動画はこちらから見れます。

 

⇒9tsu

⇒miomio

⇒pandoraTV

 

もし、9tsu、miomio、pandoraTVの動画が削除されてしまっていた、こんな方法もあります。

会員登録が必要ですが、2~3分くらいで終わります。

利点としては、動画投稿サイトのような削除リスクがないので確実に見れるということでしょうか!

 

無料トライアル期間がついてますので、その間にごめん、愛してる最終回だけでなく他の配信作品を楽しむのもいいですね。

気に入ったらそのまま継続してもいいですし、見逃した動画だけ見れればいいなら、無料期間内に解約すればもちろんお金もかかりません♪

⇒auビデオパス公式サイトはこちら

⇒ビデオマーケット公式サイトはこちら