9tsu、pandora、dailymotionで君の膵臓を食べたいを見るには。

このページでは、君の膵臓を食べたいの9tsu、pandora、dailymotionの動画視聴リンクを掲載しています。

君の膵臓を食べたいを視聴したい方は、9tsu、pandora、dailymotionを使って視聴するのもいいかもしれません!

君の膵臓を食べたいのあらすじ

君の膵臓を食べたいのあらすじです。

分かりづらい部分があるかもしれませんので、9tsu、pandora、dailymotionで動画を無料視聴する前に、予習しておくとより理解が深まります!

 

物語の主人公、未来の僕こと志賀春樹(小栗旬)。

彼は自分の母校で教師をしておりました。

 

ある日、老朽化で取り壊す事になった図書室の整理を半ば強引に押し付けられてしまいます。

図書室へ入ると部員数人で本の整理を始めていました。

そんな中、生徒からの何気ない問いかけで、ある同級生との思い出が蘇ってきたのです。

それは・・・巷ではスマホではなく、まだガラケーを使っていた12年前、春樹が高校生の頃に記憶が遡ります。

 

高校生の頃の僕(北村 匠海)は人と接する事を避けていたので、存在感が薄くて地味な生徒でした。

ある日彼は、術後の検査で病院に来ていました。

そこで一冊の手記を拾います。

 

・・・ん?何だこれ?

日記・・・か?

中を見て見ると・・・。

 

「共病文庫」と書かれていて、同じクラスメイトの山内桜良(浜辺美波)の日記帳でした。

ページをめくっていくと、そこには衝撃の事実が記されていたのです。

 

えっ!?

彼女は、膵臓の病に侵され、余命が余り長くないことが書かれていました。

 

うっ嘘だろ・・・。

何故だろう、嘘や冗談には思えないのです。

 

見た事が彼女に分かってしまい、「山内桜良が死ぬ前にやりたいこと」に無理矢理付き合わされる事となってしまった「春樹」。

本当に死んでしまうのか・・・そんな風には見えず、底無しに明るい彼女に「春樹」は心を少しずつですが開いていきます。

性格が真逆の二人が接する事で、お互いが欠けている部分を埋め合いながら、やがて恋愛感情とは全く違う「憧れ」を二人は持ち始めます。

 

永遠にこの関係が続けばいいのに・・・そう思える二人でしたが、運命とは残酷ですね。

信じられない出来事が彼女を襲い、他界してしまうのです。

かけがえのない存在を失い、喪失感に駆られ抜け殻の様になってしまった「春樹」でしたが、その後何をきっかけに前を向き歩き始めるのか・・・

 

彼女は、死が近いのになぜいつも笑顔で明るくいられたのか?

 

そして12年後に見つけた、彼女が残した手紙。

そこには果たして何が書かれているのか?

是非、貴方自身の眼でご確認ください。

君の膵臓を食べたいの感想

9tsu、pandora、dailymotionでの君の膵臓を食べたいの動画を視聴する前に、君の膵臓を食べたいを見た感想をお伝えさせてください!

 

何て綺麗で丁寧に作られているんでしょう。

何度作品に触れてもまた見たくなるんですよ。

私はこの映画を観る前に、原作を読んでから実写版(映画)を観ました。

 

この作品はタイトル名が斬新ですよね。

猟奇的だからか、書店で思わず足を止めてしまいました。

最初ホラー系か?と思ってしまった・・・のは今でも覚えています。

しかし、全く違いましたね。

 

原作と映画では、時間の流れによる構成部分に大きな違いがあるのです。

映画版だけの設定に、「12年後」という部分がオリジナルで描かれています。

ストーリーも感情移入しやすく、深く考えずに集中して観る事が出来るので、原作を読んだ事が無い方でも安心して楽しめますよ。

 

この映画はヒロインが病死する「お決まり」の映画じゃありません。

お互いを認め合い、好きではなくて憧れの感情を抱いていくところが非常に美しく描かれています。

自分にもこのような感情、今までに抱いた事あったなぁ?と非常に共感出来、懐かしくも思えました。

 

又、ごく当たり前の事が突然そうではなくなる・・・だから一日の価値はみんな一緒。

大切に生きる事を教えられた作品でもありました。

 

20代の頃の体験というのは人生の中で物凄く貴重で、お金では決して買う事が出来ない大切な財産となります。

いいなぁ・・・あの頃に戻りたいですね・・・。

無理だけど・・・。

以上が私の感想となります。

君の膵臓を食べたいの見どころ

9tsu、pandora、dailymotionで君の膵臓を食べたいの動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

映画の見所についてですが、そこはやっぱり出演者の素晴らしい演技力にあると思います。

特に、山内桜良役を演じた浜辺美波さんと、僕役の北村匠海さんの演技は神がかっていました。

また、浜辺美波さんの透明感溢れる演技には、目が離せませんでした。

 

桜良と接する事で徐々に男らしくなっていく「僕」の変化にも、是非是非じっくりと注目して観てくださいね。

 

最大の見せ場は、ラストシーンにあります。

タイトルのキャッチコピーにもある「ラスト、きっとこのタイトルに涙する。」

 

正にその通りでした。

手紙のシーンで最後の一文の意味、必ず紐解いて下さい。

解った時、あなたの涙腺は確実に崩壊するでしょう。

 

最後になりますが、映画の主題歌も本編内容とバッチリと合っています。

Mr.Childrenの「himawari」です。

暖かいメロディと歌詞で心に染み渡ります。

これが凄くいいんですよ。

聞き惚れるわぁ。

 

最近全然泣いてないなぁと思っていらっしゃるあなた、この映画を観て、涙が枯れるほど泣いてください。

ハンカチと目薬、それとサングラスをお忘れなく。

君の膵臓を食べたいの予告動画

こちらは君の膵臓を食べたいの予告動画。

9tsu、pandora、dailymotionでの動画無料視聴に向けて気分を盛り上げておきましょう!

9tsu、pandora、dailymotion動画視聴リンク

君の膵臓を食べたいの9tsu、pandora、dailymotionでの動画はこちらから見れます。

 

⇒9tsu

⇒pandora

⇒デイリーモーション

 

もし、9tsu、pandora、dailymotionの動画が削除されてしまっていたら、こちらの方法を試してみてください。

2~3分くらいですぐに見れます!

動画投稿サイトのような削除リスクがないので確実に見れるのでオススメです♪

⇒U-NEXT公式で動画を見る