9tsu、miomio、pandoraTVで海月姫第5話を見るには。

このページでは、海月姫の第5話の9tsu、miomio、pandoraTVの動画視聴リンクを掲載しています。

海月姫第5話を見逃してしまった方は、9tsu、miomio、pandoraTVを使って視聴するのもいいかもしれません!

海月姫第5話のあらすじ

海月姫第5話のあらすじです。

分かりづらい部分があるかもしれませんので、9tsu、miomio、pandoraTVで動画を無料視聴する前に、予習しておくとより理解が深まります!

 

稲荷翔子(泉里香)が『天水館』の持ち主、千絵子(富山えり子)の母に直談判で、土地建物の売買契約を持ち込んだことを知り、倉下月海(芳根京子)達は戦々恐々の姿勢でした。

鱒淵蔵之介(瀬戸康史)は運転手の花森よしお(要潤)から、父の慶一郎(北大路欣也)が自ら主宰するパーティーにて、天水地区再開発賛成派を表明すると聞き、不安を感じ・・・。

 

後日、蔵之介が天水館を訪ねると、月海がドレスを沢山作って販売したいと訴えてきたので、その前向きな気持ちに彼は賛成し、慶一郎のパーティー当日にファッションショーをやろうと提案します。

ジジ様(木南晴夏)は納得し、ばんばさん(松井玲奈)や、まやや(内田理央)もジジ様がお金をゲットすれば自分達も趣味のオタクグッズを増やせるかもしれないと言われ、やる気になりました。

”作戦会議”を始める月海達、”尼ーズ”ですが、彼女達の能力では、裁縫と発想力豊かな月海以外は手に余る存在でした。

そこで、千絵子の”ドールオタク”仲間で、縫製のプロ、ノムさん(安達祐実)を呼んで、天水館に来てもらう事に。

 

やってきたノムさんは、千絵子がコレクションしている市松人形に負けず劣らずの量の洋物の人形を沢山持っていて、服作りも人形専門の服飾系の仕事をしています。

ノムさんの力量は巧みで、クラゲドレスを即気に入り、人形用の型紙を作ろうとします。

千絵子が事情を説明し、人間用のドレス製作に協力してくれたら、デザインを人形に使ってもいいと説得し、ノムさんは渋々承諾してくれましたが、どうなることやら。

海月姫第5話の感想

9tsu、miomio、pandoraTVでの海月姫第5話の動画を視聴する前に、海月姫第5話を見た感想をお伝えさせてください!

 

いきなり稲荷(泉里香)さんの登場ですか・・・かなり存在感のある美しさがありますね。

稲荷は艶っぽい声とその容姿端麗な顔で商売も成功させようとするずる賢い女狐ですね。

尼ーズのみんなの居場所がなくなる最大の危機が物語の最大の見どころです。

 

”月海、ここが残るかどうかはお前にかかってるからな”

蔵之介(瀬戸康史)の有無を言わせぬプレッシャーが、月海(芳根京子)の洋裁のひらめき力を再び開花させて、天水館を救う事に繋がるといいですね。

うわぁぁぁ!ノムさん(安達祐実)の部屋が私の趣味にもリンクしていて共感できます。

ノムさんも月海も細かい作業が得意で、そこに力を最大限に発揮できるところがいいですね。

洋裁をしている時の月海は目がイキイキしていて、服飾の仕事に絶対就けばいいのに!って凄く思います。

 

慶一郎(北大路欣也)は話が通じないばかりか、息子たちの行動が自分の仕事にとってデメリットになるって思っているのが明確に分かります。

一方で彼の義理の妻は、息子たちを実子同様に大切に思っていて、彼らのやりたいことをやるよう、大人になっても我が子の気持ちを尊重する温かい母ですね。

この対照的な両親の接し方があったからこそ、蔵之介と修(工藤阿須加)兄弟も月海達への関わり方に違いがあるんですね。

 

まやや(内田理央)はとても可愛いのに、子ども時代の苛めのせいで自身の容姿に対して激しい劣等感を持ってしまったところが切なかったです。

誰だって、どんなにまややみたいに容姿が綺麗で背もあって、私なんか羨ましいって逆に思うのですが、蔵之介が言うようなモデル体型の彼女でも本人にとっては背が高い事や顔が、自身を無意識に追い詰めてしまうのでしょうね。

月海達、尼ーズは、それぞれ精神的な面でコミュニケーションや、人と視線を合わせること、新しい分野に取り組むことに関して、苦手意識以上の”こだわり”や不安を持っているのを感じさせます。

だからこそ、”不器用な者同士”が傷をなめ合ってでも身を寄せ合うことで、家族同然の結束が固いところが彼女達の愛らしいところだと思いました。

 

要さん、司会役がとてもはまってますね。

花森(要潤)の爽やかで色気ある声から発せられる、月海が考えた司会の言葉の内容が可愛すぎます。

月海の「オタク力」と、子どもの頃に描いていた夢のワクワク感が忘れられない大人って感じが伝わってきて、月海そのものの独自の発想性が生かされているなと思いました。

まややが低血糖で倒れた!

もうどうなることやら・・・って感じです。

 

蔵之介、流石・・・裕福な環境を生かして月海達のピンチを救いましたね。

変わらず、月海達の精神的成長を頼りになる先輩のように見守り、不器用な彼女達の個性を理解して温かく包み、エールを押すところには感激です。

”みんなでドレスを作り、自分の中で何かが動いた”っていう月海の物事に対する意識が少しずつ変わった事、言葉が少し幼稚だけど、蔵之介のことをこの人なら恐くないっていう彼女の中の人間不信が雪のように溶けてきているのが分かり、ホッとしました。

 

蔵之介かっこいいー!

芯の強い目で、自分の傍にいる誰かを笑顔にする為に、自分がやりたいことを貫き通す寛大な心に涙腺が緩みました。

胸キュンシーンから一転、また”波乱”が起きそうな予感ですね。

海月姫第5話の見どころ

9tsu、miomio、pandoraTVで海月姫第5話の動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

ドールに目がなく、色んな意味で一癖縄ではいかない助っ人、ノムさん(安達祐実)登場!

「同情するなら金をくれ!」と、愛らしい顔をしながら義理父のDVと母の真の優しさに包まれた少女、相沢すず役で強烈なインパクトを残した、安達さんのこれまでにない役柄に注目してみて下さい。

 

尼ーズ達は天水館を救えるのでしょうか・・・

蔵之介(瀬戸康史)、父の慶介(北大路欣也)、そして謎多き運転手、花森(要潤)の複雑な関係性にも上向く兆しの予感です。

慶介と蔵之介は心の距離を修復出来る?

そして、なんと月海達がショーでまさかの大胆行動に!

 

蔵之介(瀬戸康史)に深く関係する重要人物が登場し、一難去ってまた一難ですね。

更には、尼ーズの心がバラバラに?!

蔵之介の優しさと、物事を上向きにしながら、彼女達を月海と共に繋ぎとめられるのでしょうか。

そして、ノムさん(安達祐実)より”強烈”な存在感と個性的な性格の新たな人物が尼ーズ達に関わります。

次回も見逃せません。

海月姫第5話の予告動画

こちらは海月姫第5話の予告動画。

9tsu、miomio、pandoraTVでの動画無料視聴に向けて気分を盛り上げておきましょう!

9tsu、miomio、pandoraTV動画視聴リンク

海月姫第5話の9tsu、miomio、pandoraTVでの動画はこちらから見れます。

 

⇒9tsu

⇒miomio

⇒pandoraTV

 

もし、9tsu、miomio、pandoraTVの動画が削除されてしまっていたら、以下のリンクから見てみてください。

2~3分くらいで登録して、無料トライアル期間ですぐに見れます!

利点としては、動画投稿サイトのような削除リスクがないので確実に見れるということですね♪

⇒FOD公式で動画を見る