9tsu、miomio、pandoraTVでブラックリベンジ第2話を見るには。

このページでは、ブラックリベンジの第2話の9tsu、miomio、pandoraTVの動画視聴リンクを掲載しています。

ブラックリベンジ第2話を見逃してしまった方は、9tsu、miomio、pandoraTVを使って視聴するのもいいかもしれません!

ブラックリベンジ第2話のあらすじ

ブラックリベンジ第2話のあらすじです。

分かりづらい部分があるかもしれませんので、9tsu、miomio、pandoraTVで動画を無料視聴する前に、予習しておくとより理解が深まります!

5年前、将来有望な政治家だった寺田圭吾(高橋光臣)は「週刊星流」にスキャンダル記事を掲載され、それを苦に自殺。妻の今宮沙織(木村多江)は最愛の人、生まれてくる新しい命を奪われてしまう。しかし、実は圭吾のスキャンダルはねつ造だったことを知ってしまった沙織は、「週刊星流」契約ライターになり、スキャンダルをねつ造した塚本修二郎(神尾佑)、愛原サユミ(芹那)、南條夕子(横山めぐみ)への復讐を誓う。

結婚式を10日後に控えた人気絶頂の女優、愛原サユミ。結婚相手の有島純(永岡佑)は年商1500億円を誇るIT企業のイケメン社長だった。沙織は5年前に「週刊星流」に掲載された圭吾と女性Aの不倫ベッド写真を見る。目に線が入っているが、女性Aの正体はサユミだった。「週刊星流」編集部もサユミの結婚の話題で盛り上がっていた。沙織は「彼女は大きな秘密を隠しています」とサユミを追っている事を編集長の福島勲(佐藤二朗)に報告。下手を打ったら裁判沙汰の可能性もあるが、福島は沙織がサユミに密着する事を許可する。

沙織はサユミのインスタグラム、ツイッターの写真を全てチェックしてと記者の芦原咲良(岡野真也)に指示を出す。この後、沙織は福島とエレベーターで2人きりに。この時、福島はサユミと気付いてる人は誰もいないが、5年前にサユミが「週刊星流」に掲載された事を沙織に教える。編集部ではデスクの天満龍二(平山浩行)が圭吾の不倫ベッド写真のバックナンバーを読んでいた。天満は沙織が塚本、サユミを続けて狙った事に疑惑の念を抱く。  高槻裕也(堀井新太)はサユミの元交際相手10人のリストを沙織に手渡す。世間的には清純派女優で通っているが、裏では俳優、モデルらと派手な恋愛を繰り返してきたサユミ。驚く事にサユミは元カレ全員を結婚式に呼んでいた。これだけ遊んでいてもサユミは週刊誌にスクープされた事が一度もなく、高槻はマネージャーの足立奈津(小野ゆり子)が裏で手を回していると睨む。デビュー当時から担当マネージャーの奈津はサユミの幼馴染み。サユミがここまで売れたのは奈津の力が大きかった。

夜、サユミは南條から結婚を祝福される。サユミは「私が売れたのはママの会社のCMに出てからだもん」と南條に感謝。サユミは塚本の記事を見たかを南條に訊ねる。サユミは塚本が自分たちの事を喋らないかと不安になるが、南條は「手を組んだのはあの時だけ・・・。今更何言われたとしても時効よ」と開き直る。沙織は帰宅して圭吾が自殺直前に撮影した映像を再生。圭吾は「俺は何もやってない。愛原サユミ・・・。俺はあんな女は知らない。睡眠薬で眠らされて、その隙に撮られたんだ」と身の潔白を主張していた。

沙織は取材を拒否した奈津に直撃取材を敢行し、サユミの結婚特集を組むのにどうしても奈津のコメントが必要だと直談判する。沙織は公園のステージの写真を取り出すと、奈津は「どこにも話した事ないのに・・・」と手に取る。それは23年前、サユミと奈津が幼稚園の頃に毎日踊っていたステージだった。中学卒業までアイドル目指して一緒のダンススクールに通っていた奈津とサユミ。才能がないと途中で諦めた奈津はサユミに夢を託し、自分はマネージャーになって支える道を選んだのだ。

芦原はサユミのSNSの写真をフォルダに分類し、写真の詳細を沙織に報告する。沙織は全てのフォルダをメモリーカードにコピーした後、何の説明もせずに元カレ10人のリストを芦原に渡し、動画でサユミへのお祝いコメントをもらってきてと頼む。

高槻はバーにやってきた有島に新しいビジネスの話を持ち掛ける。有島はいろいろ面倒臭い世界だと尻込みするが、高槻は先方と話をつけてあると説得を試みる。沙織はサユミの写真フォルダを開き、名前や顔写真から奈津や友人たちのSNSを次々と特定。沙織は全員のフォロー欄に鍵のかかった同じアカウントが存在する事に気付いてニヤリと笑う。

サユミは所属事務所を移籍する事を発表し、「週刊星流」編集部でもその話題が上がる。サユミが移籍するのは大手事務所。今回の移籍には結構な金が動いたという噂だった。天満は沙織が追っていたサユミの秘密は今回の移籍だと考える。だが、沙織は「彼女の闇はこんなものではありません」ともっと大きなスキャンダルがある事を匂わせて微笑む。

報道陣が集まるサユミの前事務所。奈津は相談もせずに移籍を決めたサユミに怒りを露にする。「いちいち怒鳴らないでよ。お金で話はついたって言ってたし。もう奈津は私で十分稼いだでしょ!?」「何なのその言い方!?私たちずっと一緒に」「旦那が大手の方がいいって言うんだからしょうがないじゃん!その方が私も儲かるし!」2人は激しく言い争う。サユミは言いたい事を言うと去っていく。 夕方、沙織は公園のステージ前にいる奈津に会いに行く。ちゃんと話し合えばサユミを説得できると信じる奈津だったが、沙織は「彼女が考え直す事はありません」と大手事務所との契約書のコピーを見せる。そして、沙織はサユミが奈津の事をただの引き立て役としか思っていない事を教える。サユミは奈津と一緒にいて、ずっと優越感に浸っていたのだ。それはSNSの写真からも明らかだった。奈津や一般の友達の一緒に撮影した写真に込められたサユミの裏メッセージは「地味な友達とも分け隔てなく仲良くしてる私。庶民的で素敵でしょ?」だが、本心は「ブスは美人の引き立て役」なのだ。
奈津はサユミに利用され、見下されてきた事に気付き、「このまま失うくらいなら・・・。私の手で殺してしまいたい」と本音を吐露する。沙織はサユミを骨の髄まで炎上させるため、奈津を連れてサユミと有島の結婚式会場にやってくる・・・。

出典:http://www.ytv.co.jp/blackrevenge/story/

ブラックリベンジ第2話の感想

9tsu、miomio、pandoraTVでのブラックリベンジ第2話の動画を視聴する前に、ブラックリベンジ第2話を見た感想をお伝えさせてください!

 

まるさん 40代女性

相変わらず、木村多江さんは無表情に淡々と計画を進めていく。

しかも、部屋では壁一面にターゲット達の相関図を写真付きでまとめるほどの力の入れようです。

 

1話では、ワクワクして見ていましたが、少し冷静になり引いて見ると、これはかなり危ない光景です。

沙織はイッチャッているのかも?そう思って見ると、沙織の行動ひとつひとつにとても怖いものを感じます。

冷静じゃないから加減が分からない。

 

それだけに、復讐相手をかなりえげつないところまで追い込みます。

そんな中、今回は肉親である妹と甥が登場したので、少しだけホッとできました。

まだ沙織を心配してくれる人がいる。そう思うだけでもかなり楽になれます。 前回から気になっているのは、 DAIGOさん演じる城田純一です。

城田は、アラフォーのDAIGOさんが演じるのは少しムリがあるのでは?今後どうなるのか分からないですが、今の時点ではもっと若い人が良かったような気がします。

 

 

ままおさん 40代女性

木村多江の最後の豪快に笑う顔が恐ろしくまた、綺麗でこのドラマの一番の見せ場のような気がします。

復習心に取りつかれどんな手を使ってでも貶めようとしてる姿が恐ろしく怖いのですが木村さんが奇麗なのでその感じが儚い気もします。

 

久しぶりに見た芹那も相変わらずのぶりっ子な感じが治ってなくて彼女はこれ以上伸びないと思います。

最終的に木村多江の思い通りになるかその展開が今後の面白さにもつながると思います。

今、世の中のブームというか週刊誌が色んな有名人を貶めるような現実がありそれとリンクしてるドラマの内容があるのでドラマといえども現実的な気がして面白いのかもしれません。

 

最近の週刊誌から政治家や芸能人や何かしらの有名人など不倫やもめごとでネットだけではなくスキャンダルとして公けになってるのでその感じとドラマがマッチして面白いのだと思います。

木村さんの迫真迫る演技を今後も期待して視聴しようと思います。

 

ドラマに夢中さん 50代男性

今流行の○○砲は、去年から今年にわたり、社会に衝撃を与えました。

芸能人、政治家は、これでダメージを受けた人も何人もおります。

今でも、インパクトの強い記事が、週刊誌で続いています。

 

現代社会は、素人でもスマホなどを使うなど、ただ同然で簡単に画像や生の声を記録でき、手にすることが出来ます。

それを使い、ネット社会に拡散させることも出来るようになりました。

かつて、写真誌が芸能ネタとして部数を伸ばしていた時代もありました。

 

今は、文春と新潮の二紙が代表的なものと思われ、覇権を握り争っている状態です。

このドラマは、そんな週刊誌業界の内部をえぐるというもの。

編集部の内部のやりとり、雰囲気、活動の仕方、取材の仕方、かなり際どいこと内容です。

これらをミックスして、スキャンダルとしてドラマ化しています。

こんな風に、記事ができているんだと、驚くやら笑うやらで、見応え十分です。

ブラックリベンジ第2話の見どころ

9tsu、miomio、pandoraTVでブラックリベンジ第2話の動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

女性の微妙な心理を突いてくる、巧妙なやり口が痛快でした。

長い間劣等感を抱きつつも、それを押さえ続けてサユミをフォローしてきた奈津に目をつける。

その着眼点がえげつないです。

 

また、奈津が沙織の思惑どおりの行動を起こすから、ある意味痛快で気持ち良いです。

決めぜりふ「骨の髄まで炎上しなさい!」が沙織の口から出る直前の緊張感がたまりません。

そして、沙織がこの台詞を吐き出した瞬間、とても小気味よい気分になれます。

考えてみると「骨の髄まで炎上する」って、意味不明です。

 

「骨の髄」は少し古めかしい表現。それと「炎上」という新しい表現を組み合わせているところが面白い。

なんだか、言葉の意味より言葉の響きに興奮し盛りあがれます。

 

 

どんな方法で復習するか、最後の木村さんの豪快な笑い顔を見たいです。

ただそれがどこまで成功して最終的にどうなるのかも心配です。

心理カウンセラーや編集者の同僚に気が付かれるか犯行の理由に気が付かれ妨害されるか逆にスキャンダルとして表舞台に引っ張り出されてしまうと思う。

 

それでもめげずに戦うのかそれか精神的に追い詰められておかしくなって終わるのかのような気がする。

とにかくそれぐらい木村多江さんの演技が本当に復習に取りつかれたかのように演じてるのでその演技を見るだけでも価値があると思います。

今度の放送では横山めぐみを落としめる予告だったのでどんな方法で復習するのか楽しみです。

きっと現実の世界でも似たようなことがあると思う。

特に政治家は色んな手を使ってだましあってる気がします。

なのでこのドラマを通じて現実の世界の憂さ晴らし的に投影してみてるのかもしません。

 

 

前回は、夫の政治家・寺田圭吾が、週刊誌にスキャンダル発覚して、失脚。

そして、自殺。身ごもっていた妻・今宮沙織(木村多江)は、それが原因で、心の病を患い、まだ、子供は死産してしまう。

 

実は、夫のスキャンダルを暴露した週刊誌は、仕組まれたものだった。

それを、後で知った沙織は、夫の復習のため鬼となった。

沙織の背景には、支援する人たちがおり、スキャンダルを仕掛けた一人目の政治家・同期の政治家・塚本(神尾佑)を罠にかけ、失脚させた。夫の恨みを返した。

 

今回は、スキャンダル記事の写真相手、女優・愛原サユミ(芹那)に復習をする内容です。沙織は、サユミのマネージャーを使い策を巡らした。

マネージャーは、愛原サユミの小さい頃からの幼なじみである。愛原サユミは、小さな頃から可愛いと目立っていた。

その彼女の引き立て役としてずっと側にいた足立奈津(小野ゆり子)が、今のマネージャーである。

この女性マネージャーは、愛原がスターになるまで育てることを夢み、必死に支援した。

だが、、、 ある事を切っ掛けにして、溝ができた。沙織は、この心の溝を利用し、作戦を立てた。

どのようにして、恨みを晴らしたのでしょうか。

また、このドラマは、紆余曲折がありそうですね。

 

9tsu、miomio、pandoraTV動画視聴リンク

ブラックリベンジ第2話の9tsu、miomio、pandoraTVでの動画はこちらから見れます。

 

⇒9tsu

⇒miomio

⇒pandoraTV

 

もし、9tsu、miomio、pandoraTVの動画が削除されてしまっていたら、こちらの方法を試してみてください。

2~3分くらいですぐに見れます!

利点としては、動画投稿サイトのような削除リスクがないので確実に見れるということでしょうか♪

⇒Hulu公式で動画を見る