9tsu、miomio、pandoraTVでさくらの親子丼第3話を見るには。

このページでは、さくらの親子丼の第3話の9tsu、miomio、pandoraTVの動画視聴リンクを掲載しています。

さくらの親子丼第3話を見逃してしまった方は、9tsu、miomio、pandoraTVを使って視聴するのもいいかもしれません!

さくらの親子丼第3話のあらすじ

さくらの親子丼第3話のあらすじです。

分かりづらい部分があるかもしれませんので、9tsu、miomio、pandoraTVで動画を無料視聴する前に、予習しておくとより理解が深まります!

 

 実家の九十九堂を離れ、今は雑誌の編集者として働いているさくら(真矢ミキ)の娘・恭子(本仮屋ユイカ)は、未成年の少女が起こしたリンチ事件の取材をしていた。加害者の少女は少年院に一年入り、今はまた遊び回っている。そして被害者の少女は人違いでリンチされた挙句、脳挫傷で今も意識が戻らず入院中だった。その加害者はリエ(柳美稀)で、恭子はリエと不良グループの非行現場を目撃。そしてその現場にはあざみ(吉本実憂)の姿もあった。

恭子は兄の法事について相談するために、久しぶりに九十九堂を訪れる。恭子は行き場のない人にたまりばという場所を作り、親子丼を食べさせるというさくらの行動にいまだに否定的だった。そのたまりばで偶然あざみを見つけた恭子は、リエの連絡先を問い詰める。さくらはその様子を見て気が気ではない。

ある日、たまりばで小学生3人が、担任の先生に腕や足をつねられたとさくらに青痣を見せていた。するとその場に、担任の御代川由希(大西礼芳)が現れる。由希は落ちこぼれや登校拒否の子たちを受け入れるさくらを非難し、3人を連れて帰っていった。しかし後日、そんな由希が「親子丼を食べさせてほしい」と再びたまりばにやってくる。髪をばっさり短くし、雰囲気が変わった由希。黙々と親子丼を口につめ込む様子を見たさくらは、ある違和感を覚える…。

出典:http://tokai-tv.com/oyakodon/story/03.html

さくらの親子丼第3話の感想

9tsu、miomio、pandoraTVでのさくらの親子丼第3話の動画を視聴する前に、さくらの親子丼第3話を見た感想をお伝えさせてください!

 

まりりさん 40代女性

これまでの序盤の回から比べると、さくらさんの娘のジャーナリストである恭子が登場したりと登場人物が増えて、だんだんと複雑に登場人物と物事が絡みあいはじめました。2話のシングルマザーの風花のときもそうでしたが、この回も女性の抱えている問題が主で、登場人物もほとんどが女性です。さまざまなタイプの女性の心情や闇の部分が繊細に描写されていて、いろいろな登場人物に感情移入してしまいました。この回ななかででさくらさんが親子丼をごちそうする訳、信念が語られるシーンがあり、深い悲しみを胸に抱えながらも、あらゆる問題に苦しむ人たちに寄り添うさくらさんの優しさの意味が分かった気がします。これから、話がどのように展開していくのか楽しみです。

 

haruさん 50代女性

少年犯罪の根深さを教えてくれるドラマだと思いました。今回被害者の子は眠ったままなのに犯人は普通に暮らしているという矛盾。現実にも似たような話がきっとあるような気がします。もし本当に反省をしていないなら許せないことです。自分の子供が被害者だと思うといたたまれない話です。さくらさんには全く怒りという感情をあらわにしませんがどこか悲しさの中に怒りを感じる演技がとてもよく伝わります。息子さんの部屋がまだ生きていて頃のままの状態だありその場所でさくらさんが息子さんに話しかける姿が印象に残りました。犯人の娘であるあざみを攻めるのでは無く救おうとする姿は私にはできないし項で無くてはいけないと感じました。今回の学校の先生も先生という立場であるが心に問題を抱えています。さくらさんのような人、場所が今の時代には必要なんでしょうね。

 

sakaiさん 40代男性

人を殺してしまったり、怪我を負わせてしまったり大きな事件の表に見える所だけでなく、見えない裏の部分やその事件に関わる人々も、心に傷を負ってしまう。そう言った事以外にも日常のどこにでも、誰かしら心に傷を負い苦しんでいる人は多いのかもしれない。そして、その苦しみを一人で抱え込み、どうすることも出来ないでいる人はいるのだろうかとドラマを見て感じさせられました。
今回、摂食障害で苦しむ女性教師が中心の話でした。母親の愛情から起こった、過剰なしつけと母親の理想の押し付けで、ストレスに耐えられなくなっている娘。これもまた、同じような状況や、似たような状況で苦しんでいる人は多くいるのだと思いました。そして、そうした苦しみを持つ人を救ってくれる人や救ってくれる場所もなく苦しみの中で生きている人も少なくはないのだろうかと考えさせられました。

さくらの親子丼第3話の見どころ

9tsu、miomio、pandoraTVでさくらの親子丼第3話の動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

さくらさん役の真矢みきさんが、本当にすてきだよ。凛とした態度や、苦しんでいる人に寄り添うときの悲しみを秘めた優しい表情がとてもいい。いろんな年代の女性が抱える問題が取り上げられているから、自分だったらどうかなとすごく考えさせられる回だったよ。さくらさんの行動とか言ってることが、こんな人が近くにいてくれたらいいなと思わせられるし、勉強になるよ。思わず涙してしまう回。この回で登場する由希先生とその過干渉な親の行き場のない苦しさに胸が痛くなるけれど、きっとさくらさんがいい方向に導いてくれるはずと信じられて重苦しさは軽減できる。さくらさんと娘の恭子とあざみと、友達のリエと、彼女たちがこれからどうなっていくのかも、この回から見てもまだ間に合うよ。

 

今回のドラマでは被害者が寝たきり状態なのに犯人は釈放されまた犯罪を繰り返すという少年犯罪の深さがテーマになります。被害者の家族の怒りだけがおもてにでるのではなく犯罪者である少女の苦しみも少しだけ伝わってきます。さくらさんの親子丼には愛情の込められた魔法が入っており食べた人の心を変えて行く力があります。親子丼だけでなくさくらさん自身犯罪の被害者であるため伝える言葉にも暖かさを感じます。罪を憎んで人を憎まずといいますが、さくらさんは被害者であるからこそ心の傷をいち早くわかるのだと感じます。でも被害者の家族だからではなく子をもつ親である私たちにも必要なことだと思います。 もう一つのテーマは学校の先生の心の傷です。一見過保護すぎる母親の愛は知らずに子供を追い詰めているいると言うこと。以外とハッとして自分の子育てを振り返ってしまうのではないでしょうか?社会に潜む心の問題、だれにでもありそうな問題を視聴者に問うドラマになっていて次回が楽しみです。

 

心に傷を負って苦しんでいる人は、身近にもいるかもしれないという思いで見て欲しい。苦しんでいる人は、勇気を出して救いを求めてもいいんだよと思って見て欲しい。そうした周りには沢山人はいるんだよという、自分自分と思いがちな世の中に、助け合うというのを問うドラマだと思います。
淡々と、出来事が進んでいく展開に、周りの苦しみを受け入れる優しい古書店のさくら(真矢みき)。自分自身も苦しみを抱えているだろうが、周りの人に優しさで包み込む役をイメージ通り演じているように思います。さくらとさくらの作る親子丼を楽しんで頂きたいです。
日々、仕事や家事に追われて生活している中に、このドラマで自分自身や周りの人を考え、見つめ直す時間として、ぜひ見て欲しいドラマです。

さくらの親子丼第3話の予告動画

こちらはさくらの親子丼第3話の予告動画。

9tsu、miomio、pandoraTVでの動画無料視聴に向けて気分を盛り上げておきましょう!

9tsu、miomio、pandoraTV動画視聴リンク

さくらの親子丼第3話の9tsu、miomio、pandoraTVでの動画はこちらから見れます。

 

⇒9tsu

⇒miomio

⇒pandoraTV

 

もし、9tsu、miomio、pandoraTVの動画が削除されてしまっていたら、こちらの方法を試してみてください。

2~3分くらいですぐに見れます!

利点としては、動画投稿サイトのような削除リスクがないので確実に見れるということでしょうか♪

⇒FOD公式で動画を見る