明治大学博物館 拷問器具 刑事部門 明治大学博物館 拷問器具 刑事部門

江戸時代には、「笞打(むちうち)」「石抱(いしだき)」「海老責(えびぜめ)」を牢問(ろう どい)とよび、「釣責(つるしぜめ)」を拷問とよびました。展示ではこれらの拷問具を実物 大で再現しています。当時の刑事裁判は自白を強制してしばしば拷問を行いました。

スポンサーリンク

明治大学博物館 拷問器具 刑事部門

明治大学博物館: 〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1 アカデミーコモン地階. TEL:03-3296-4448 FAX:03-3296-4365 ※日曜日・祝祭日・大学の定める休日は 事務室が閉室となり、お電話等の対応はできかねます。あらかじめご了承ください。

世界の拷問器具を展示している明治大学博物館にはあの鉄の処女、アイアンメイデンがあるとのこと メイデンファンにはちょっと興味ある場所

明治大学博物館 拷問器具 刑事部門

初回のご紹介は明治大学博物館(刑事部門)です。「刑事」と言っても展示されて … なぜ 明大に拷問具が? JR御茶ノ水駅から徒歩5 … 拷問・処刑具での人権抑圧の歴史を 踏まえ、人間尊重の理解を深めてもらおう、というコンセプトです。

ツコの知らない世界で明治大学博物館紹介されてたけど唯一拷問器具とか飾られてるらしいけど恐ろしすぎる。

明治大学博物館 拷問器具 刑事部門

それで、御茶ノ水にある明治大学へ行ってきました。お目当ては「博物館」です。入場 無料の常設展で、「商品部門」「刑事部門」「考古部門」の3つに分かれています。

明治大学博物館の刑事部門展示は、そんなに広くないけどいろんな拷問器具や処刑器具見れるよ。 アイアン・メイデンとかギロチンとか、ちょっと小さく作ってある複製品だけど。 あと、磔にされた人の写真とかも展示してあったからグロダメな人は気をつけるんだぞ…。

スポンサーリンク

明治大学博物館 拷問器具 刑事部門

東京の明治大学博物館は、ギロチンや鉄の処女など歴史的な拷問器具 や貴重な資料を集めた真紅の博物館です。 … こんなおしゃれな外観ですが博物館の 刑事部門は、身の毛もよだつような展示品がずらりと並んでいます。

明治大学博物館やったのか。。。。あれでも展示している拷問器具少ないんだぜ。。。本当はもっとある。。。。昔やったヨーロッパ拷問展の図録欲しい。。


スポンサーリンク