ベーシックインカムとは スイス ベーシックインカムとは スイス

スイスが昨年6月に国民投票で問い、結局否決されたベーシックインカム(BI)導入案。 世界で注目を浴びるこの制度が今年初めからフィンランドで失業者約2千人を対象に、 試験的に導入された。試験的とはいえ、国家レベルでの導入は欧州初

スポンサーリンク

ベーシックインカムとは スイス

ベーシックインカムと言う言葉自体は 知っていましたが、あくまでも『構想』であり、財源などを考えると実現は不可能なのでは ないか、と考えていました。 スイスの国民投票は結果としては反対

スイスで「ベーシックインカム」導入の賛否を問う国民投票が行われ、反対多数で否決 された。 賛成はわずか2割 スイスで5日、全ての国民に毎月一定額を支給する「 ベーシックインカム」制度の導入の賛否を問う国民投票が行われた。

ベーシックインカムとは スイス

スイスにて成人国民に月額2500スイスフラン(約28万円)、未成年者には月額625 スイスフラン(約7万円)のベーシックインカムを給付するかどうかを決める国民投票

昨年12月、フィンランドがベーシックインカムを導入するという記事が拡散したが(実際は 誤報で計画が立てられ始めた段階)、スイスが世界初のベーシックインカム導入国に なるかもしれない。今年の夏、スイスでは「ベーシックインカム制度」

ベーシックインカムとは スイス

スイスで6月5日に行われた国民投票で、ベーシックインカム(最低限所得保障)の導入 が反対多数(約78%)で否決されたが、ベーシックインカムを実現する上手いやり方は ないか、日本でも研究してみたい。

ベーシックインカム制度は海外でも導入するかどうかの議論が行われています。 今回は スイスという国での導入事情を見ていきます。

スポンサーリンク

ベーシックインカムとは スイス

スイスが5日実施した国民投票で、すべての住民に無条件で 毎月一定額を支給する「最低生活保障(ベーシック・インカム)」の導入が否決されること が確実になった。最低生活保障を導入する

スイスで5日、すべての住民に対して無条件に毎月、一定額を 支給する「最低所得保障」(ベーシック・インカム)の導入をめぐる国民投票が行われ


スポンサーリンク