9tsu、pandora、dailymotionでパトリオット・デイを見るには。

このページでは、パトリオット・デイの9tsu、pandora、dailymotionの動画視聴リンクを掲載しています。

パトリオット・デイを視聴したい方は、9tsu、pandora、dailymotionを使って視聴するのもいいかもしれません!

パトリオット・デイのあらすじ

パトリオット・デイのあらすじです。

分かりづらい部分があるかもしれませんので、9tsu、pandora、dailymotionで動画を無料視聴する前に、予習しておくとより理解が深まります!

 

2013年4月15日、アメリカ。

 

ボストンマラソンには多くのランナーが参加しており、沿道には多くの観客が詰めかけていました。

そんな中で発生した爆弾テロを題材にしたノンフィクション作品です。

 

甚大な被害を出したテロ事件をわずか102時間で解決するに至った経緯を、実際の防犯カメラの映像を交えつつ描いています。

 

主人公であるボストン警察のトミー(マーク・ウォールバーグ)は、FBIの捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)らとぶつかりつつも共に犯人を追い詰めていきます。

 

実際に起きた事件を扱い、その上実際の映像を交えつつの演出により、緊迫感溢れる作品であるとともに、歴史に残る事件の実録映像となっております。

パトリオット・デイの感想

9tsu、pandora、dailymotionでのパトリオット・デイの動画を視聴する前に、パトリオット・デイを見た感想をお伝えさせてください!

 

まず、あの悲惨な事件からもう既に4年も経っていることに驚きました。

歴史の教科書に載るような大事件にもかかわらず、風化しつつあるこの4年(事件のあった米国での公開時は約3年半)というタイミングで劇場公開しただけの価値が大いにあります。

 

当時、日本のニュースで観ていても事件解決までの早さには驚かされましたが、その裏にどのような苦労や苦悩があったのかまでは知り得ませんでした。

それをこのように一つの作品として昇華することで、ノンフィクションとも、深くまで多角的に踏み込んだニュース番組とも言えるものになっていると思います。

例えるならば、日本で放送されている「警察24時」に近いかもしれません。

 

また、事件そのものに限らず、そこに関わった人々のありふれた日常や家族愛も描写されています。

そのおかげで、テロが遠くに感じ過ぎず、身近に存在しうる脅威として考え直させられました。

2020年に迫った東京オリンピックや東京マラソンに置き換えつつ観ていましたが、果たして自分や自分の大切な人があの群衆の中の一人だったとしたら。

そんな事を強く訴えかけられる作品でした。

パトリオット・デイの見どころ

9tsu、pandora、dailymotionでパトリオット・デイの動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

本作の見どころは、何と言っても実際の監視カメラの映像を劇中に散りばめている点です。

ノンフィクションといえど、実際の犯行の映像や街中の防犯カメラの映像、大統領演説の映像まで本物を使う作品は数少ないのではないかと思います。

 

作品序盤、捜査が本格化しだしボストン警察とFBIが協力して犯人の足取りを辿るシーンでは、それらの映像を交えて一分単位で犯人の行動を予測しています。

その緊迫感たるや並みのノンフィクションやクライム映画では出せない域に達していました!

 

さらに、本編後には実際に被害にあった人々、警察関係者へのインタビュー映像や写真まで組み込んであり、事件の悲惨さ、卑劣さを伝え、逆に解決に導いた人々へ称賛の意を表することに徹底している点も重要な見どころの一つかと思います。

パトリオット・デイの予告動画

こちらはパトリオット・デイの予告動画。

9tsu、pandora、dailymotionでの動画無料視聴に向けて気分を盛り上げておきましょう!

9tsu、pandora、dailymotion動画視聴リンク

パトリオット・デイの9tsu、pandora、dailymotionでの動画はこちらから見れます。

 

⇒9tsu

⇒pandora

⇒dailymotion

 

もし、9tsu、pandora、dailymotionの動画が削除されてしまっていたら、こちらの方法を試してみてください。

2~3分くらいですぐに見れます!

動画投稿サイトのような削除リスクがないので確実に見れます♪

⇒U-NEXT公式で動画を見る