富岡八幡宮 事件 動機 富岡八幡宮 事件 動機

富岡八幡宮の宮司である富岡長子さんが、実の弟である富岡茂永から日本刀で 切りつけられたという事件。この事件の発端は、跡継ぎ争いではないか?と報道され ていますが、具体的にはどんな内容なのでしょうか?宮司である富岡長子さんのブログ には少し意味深な内容が投稿されていて今後の展開が気になります。

スポンサーリンク

富岡八幡宮 事件 動機

容疑者の弟が動機つづる 事件直前に投函、氏子らに届く 東京都江東区の富岡八幡宮で宮司の富岡長子さん(58)らが殺害された事件で、富岡さんを殺害した後に自殺した弟の元宮司、茂永容疑者(56)が事件直

東京都江東区の富岡八幡宮で7日夜に起きた殺傷事件で、死亡した女性宮司の富岡 長子さん(58)と弟の茂永容疑者(56)は長年、宮司職の継承を巡ってトラブルになっ ていた。富岡さんを中傷する文書も出回り、八幡宮

富岡八幡宮 事件 動機

江東区通り魔事件が、急展開を見せました。犯人は富岡八幡宮の宮司・富岡長子さんの 弟(元宮司・富岡茂永)だった!そして殺害されたのは宮司・富岡長子さんと、弟と交際し ていたと見られる女性。

12月7日、東京・江東区にある富岡八幡宮の敷地内で切りつけ事件が発生した。 警視庁によると7日午後8時35分ごろ、東京・江東区の富岡八幡宮敷地内で「刃物を 持った人がいる」と110番通報があった。警察官がかけつけると、富岡八幡宮の関係者3 人が倒れているのを発見。 その3人うち一人は、富岡八幡宮の宮司の富岡長子。 警視庁は、富岡長子と職員とみられる富岡茂永とトラブルになり、事件に発展。事件 直後、富岡茂永も怪我という事で入院していると報じられている、 いったい富岡八幡宮

富岡八幡宮 事件 動機

当初、江東区通り魔事件と報じられたのの、富岡八幡宮関係者によるものと明らかに なった今回の事件。その犯人とされる富岡茂永(とみおか しげなが)容疑者。富岡八幡宮 事件の経緯や発端、そして姉長子氏と弟の茂永容疑者との確執や事件当日まで更新 されていたとされるブログについて調べてみました。

東京都江東区の富岡八幡宮をめぐっては、死亡した宮司の富岡長子さん(58)に対し、「 地獄へ送る」などと脅したとして弟の茂永容疑者(56)=死亡=が逮捕される事件が 起きていた。最近も、富岡さんの宮司就任に関するトラブルから、神社本庁を離脱して いる。 茂永容疑者も宮司を務めていたが、2001年に退任。富岡さんは02年1月、宮司 の地位をめぐり同容疑者とトラブルになっているとして、警視庁深川署に相談していた。 同容疑者は06年1月、当時宮司に次ぐ神職の禰宜(ねぎ)だった富岡さん

スポンサーリンク

富岡八幡宮 事件 動機

東京都江東区の富岡八幡宮の敷地内で7日夜、男女4人が死傷した事件。2006年に、 容疑者の男は脅迫の疑いで逮捕されていたという。姉である宮司に「地獄へ送る。覚悟 しろ」というハガキを送ったそう.

12月7日、東京都江東区の富岡八幡宮で宮司の富岡長子さん(58)含め、3人が日本刀 やサバイバルナイフで殺傷された事件。富岡さんの弟で、元宮司の富岡茂永容疑者(56 )が犯行直前に書いた“遺書”を「週刊文春」取材班が入手した。 殺害された宮司・長子 さん. 〈ご関係の皆様〉と題された“遺書”はA4で計8枚。事件後、富岡八幡宮の責任役員 や総代の元に郵便で届いているという。 事件の動機は、宮司継承をめぐるお家騒動に あると見られているが、この“遺書”はお家騒動に対するお詫びから始まり

https://www.youtube.com/watch?v=FVlPH4b4oZc


スポンサーリンク