NHK 受信料 集金 最高裁 合憲 NHK 受信料 集金 最高裁 合憲

NHKの受信料制度が憲法が保障する「契約の自由」に反するかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は6日、制度を「合憲」とする初判断を示した。国民が公平に財源を負担してNHKを支える制度の合理性を司法が認めた形となる。今後の公共放送のあり方を巡る議論や、約900万世帯に上る未契約者からの受信料徴収にも影響を与えそうだ。 <受信料、消費生活センターへの相談が10年で4倍に>滞納「5年超分」も集金 ・ <NHKの受信料はなぜ必要なのか

スポンサーリンク

NHK 受信料 集金 最高裁 合憲

テレビを設置すれば、受信料支払い義務が生じるのは、憲法が保障する「契約の自由」に反する――そう主張して受信料を支払わない男性に対して、NHKが支払いを求めている訴訟。6日、15人の裁判官全員が参加する最高裁大法廷で判決が下される。「NHKの公共性を理由に合憲判断を示す可能性が高い」(法曹関係者)という。 現在もNHKの受信料取り立ては、苦情が殺到している。最高裁の合憲判決が加わればますますひどくなる――そんな不安の声が広がっている。

テレビを購入したものの、NHKを見ず、受信契約を締結する気が全くない場合でも、なお契約を締結し、受信料を支払う必要があるのか。この問題に対し、ついに最高裁がその義務を正面から認める判決を下した。判決文に基づき、そうした結論に至った理由や、判決が今後の受信料徴収に与える影響などを示したい。 【契約自由の原則と放送法】. 民法には直接の規定はないが、個人の尊厳や自由権、財産権などを定める憲法の下では、当たり前のこととして、誰しもが社会生活を営むに際し、自由に契約

NHK 受信料 集金 最高裁 合憲

NHKが受信契約の申し込みに応じない男性に対して起こした裁判で、最高裁判所大法廷は、「受信料は憲法の保障する表現の自由のもとで国民の知る権利

NHKの受信料制度を合憲とし、支払いを法的義務とした6日の最高裁大法廷判決に、視聴者らからは「当然だ」との声の一方、「やり過ぎだ」との意見も聞かれた

NHK 受信料 集金 最高裁 合憲

6日の最高裁判決がNHK受信料の支払いにどのような影響を与えるのかをまとめた。… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。 無料・有料プランを選択. 今すぐ登録. 会員の方はこちら. ログイン ・ 電子版トップ. 関連キーワードで検索. NHK、受信料 ・ NHK受信契約義務付けは「合憲」 最高裁が初判断 (2017/12/6 17:12更新). NHKってどんな組織? (2017/12/6 14:00) [有料会員限定]. 受信料契約 成立時期にNHKの思惑とずれ

最高裁判所にて「NHK受信料制度が合憲か?」という初の判断が下されました。 結果は「合憲」。 今回NHKから訴えられた人が最高裁まで戦ったのは凄いパワーがある方だなと感心してしまいます。正直「NHK受信料制度」そのものがどうなの?って私個人的にも感じるのですが。 … NHK集金者が一軒一軒見て回って徴収する制度自体がおかしくないか? キチンと支払いしている人だと年契約で支払いしている方が多いとは思います。年支払いで少しばかりお得という理由なのですが、この問題

スポンサーリンク

NHK 受信料 集金 最高裁 合憲

NHKが受信料を払わない男性を訴えた裁判で、最高裁は11月6日、「受信料支払い義務は「合憲」」という判決を言い渡した。ツイッターなどのSNSやTBSなど報道各社が速報で報じた。 テレビなどを設置した人に受信契約を義務づける放送法の規定は、憲法に違反しないという最高裁として初めての判断を示したことになる。 この裁判は、NHKが受信契約を拒んだ男性に、NHKの受信料支払いを求めたもので、「テレビを設置したら、NHKと受信契約を結ばなければならない」としている放送法の規定が

受信契約を拒んだ男性に、NHKが受信料の支払いを求めた裁判。最高裁は6日、「受信料支払い義務は『合憲』」とする判決を言い渡した。今後、全国のNHK受信料をめぐる裁判の判決に大きな影響が出る可能性がある


スポンサーリンク