9tsu、miomio、pandoraTVで明日の約束第9話を見るには。

このページでは、明日の約束の第9話の9tsu、miomio、pandoraTVの動画視聴リンクを掲載しています。

明日の約束第9話を見逃してしまった方は、9tsu、miomio、pandoraTVを使って視聴するのもいいかもしれません!

明日の約束第9話のあらすじ

明日の約束第9話のあらすじです。

分かりづらい部分があるかもしれませんので、9tsu、miomio、pandoraTVで動画を無料視聴する前に、予習しておくとより理解が深まります!

 

吉岡圭吾(遠藤健慎)の自殺の真相を知っており、圭吾を精神的に追い詰めた人物の一人が、藍沢日向(井上真央)の同僚、霧島(及川光博)だったと発覚します。

霧島はそれまで日向や周りの生徒を冷静に見守る普通の教師だと思っていましたが、物語が進むにつれて日向達には見せない無感情な顔や、怪しげな行動をみせていました。

圭吾の幼馴染で、かつて、生前の圭吾と一緒になって「いじめ」に関係していた人物を襲う復讐をし、圭吾の死後、彼の行動を「引き継ぐ」、香澄(佐久間由衣)。

彼女の「あと一人」と零したターゲットこそ、霧島でした。

 

毒親で、自分は何一つ間違っておらず、息子の為に母として行動し、惜しみなく愛を注いできた、家庭でも妻として頑張ってきた事を認められない寂しさを持つ、圭吾の母、真紀子(仲間由紀恵)がその「一人」ではなかった意外性。

香澄は霧島を陥れるべく、ノートパソコンを盗み出し、日向に託しました。

その全貌を知った日向は、霧島が味方のふりをしながらどれだけ一人の男子生徒を精神的に追い詰めていたかを知り、驚愕します。

霧島に真実を冷静に問いただす日向・・・。

やがて、霧島の口からその真相と彼の冷酷な本性が明るみに・・・。

 

私生活では、信頼をしていた恋人、”カズ”こと、本庄和彦(工藤阿須加)が日向に暴力を振るった事で、母の尚子(手塚理美)とも再びぎくしゃくした関係になっていて、日向を苦しめていました。

結婚や親になる事を自身の尚子からの精神的支配、独裁的価値観に苦悩しながら育ってきた日向は、和彦にその胸の内を話します。

本庄も実は、亡き兄が両親と自分に対して家庭内暴力を振るう家庭で生き延びてきた「サバイバー」でした。

兄が発作的な怒りを爆発させる様子を目撃し、「心の暴力」の被害者である本庄は、自分が日向に兄と同じ行動を衝動的にとってしまった事を深く悔いていました。

また、その経験からパニック状態や、解離のような状態が見られ、暴力を振るっている間は、日向が大切な存在であることすら頭にないのです。

日向のDVを知った尚子は、娘にお見合いを持ち掛けますが、日向は自立の為、「私はお母さんの所有物じゃない!」と今まで抱えてきた鬱屈を言い放ち、普通に社会生活を送れている自分が親から脱皮する為に、ある”決意”をするのです。

 

吉岡家では、兄、圭吾の妹、英美里(竹内愛紗)が、母、真紀子(仲間由紀恵)と浮気や仕事で家族から目を背ける父に対し、自立を感じさせる「大胆な」行動に出ました。

英美里はその行動を起こすと共に、自立の為に、児童相談所で保護してもらう手続きに踏み込みます・・・。

追い詰められた真紀子(仲間由紀恵)は更なる歯止めが効かない行動を起こし・・・。

明日の約束第9話の感想

9tsu、miomio、pandoraTVでの明日の約束第9話の動画を視聴する前に、明日の約束第9話を見た感想をお伝えさせてください!

 

霧島(及川光博)が、優しい先生のふりをしてやっていることが冷酷過ぎませんか。

独断の心理分析と頭の回転の良さをずる賢く動かし、子ども達を「こんな人間」だと決めつけ、複雑な思春期の人間関係をこじらせてゆくとは。

 

異常なほど無関心で感情がない・・・及川さんは相棒の神戸尊でお馴染みです。

神戸の時も、頭脳明晰さで時に反発し合える良い関係を演じながら、「杉下右京」を調査するスパイ的立場を上手く隠していたのが印象的でした。

日向にとって身近な敵は、尚子意外にも、職場にいたんですね。

 

尚子(手塚直美)、自分が日向(井上真央)にしてきた事が”見えない精神的虐待”だと気付いてない・・・どこまで鈍感なんだよ。

日向の学校のニュースを見て、「こういう母親は良くないね」って零していましたが、いやいや、あんたも変わらないだろうがよ・・・と失笑です。

 

圭吾(遠藤健慎)と、英美里(愛紗)の兄弟間差別からくる英美里の複雑な心境にはモヤモヤしました。

もう、英美里が可哀想すぎませんか・・・

凄く冷めていて、優しさも勿論あるけれど、精神的に成熟せざる得ない環境を生き延びてきたんだなって思いました。

 

圭吾の事、日向の母子及び本庄との関係、霧島の本性と下向きな出来事が続く中、希美香(山口まゆ)はあれだけ大波乱だった母(青山倫子)と前向きに向き合う決意をしたところは救われましたね。

日向(井上真央)も自身の家族観や、自分と向き合う事から避けていた事に気付き、彼女も一歩踏み出したところは物語を全部見てきて、小さな希望だと思いました。

 

子ども達が霧島(及川光博)に立ち向かいましたが、やはり”大人”と”子ども”の力は敵いませんね・・・歯がゆいです。

生徒達は日向に霧島の行動を伝え、自分達がどんな行動を取るべきなのか考え、彼らの心の成長も感じられました。

 

ええー!おいおい、「そんな理由」で圭吾(遠藤健慎)を目の敵にしていたのか。

霧島(及川光博)の余りにも身勝手で、思春期のような思考に驚愕でした。

自分の「ある過去」を真紀子(仲間由紀恵)に突かれたからって、子どもじゃないんだから。

 

本日も、小嶋(青柳翔)の心無い大人感が”安定”でした。

人の心の痛みを傍観し、「仕事」として愉しんでいるところや、「ネタ」があれば、そこへ飛びつく行動は、記者としての仕事でもあるから仕方ないところもあると思います。

ただ、余りにも人としての心が無さすぎるし、一方で、霧島並みに心理的分析力に長けていますよね。

 

香澄(佐久間由衣)は取り返しのつかない事になり兼ねない「ある行動」を思いとどまりましたね、良かった。

 

真紀子(仲間由紀恵)がただ、「普通」でありたかったのに自分は何処で子育てを間違えてしまったのか、普通に接しているはずだったのに・・・と気持ちを夫に漏らすところは、「母親」の立場にある女性の誰もが悩むことを真っ直ぐに伝えていて奥深いと思いました。

圭吾と英美里の家庭のように、子どもの為を「良かれと思って」してしまった言葉や行動が、子どもにとっては悩みの種になったり、子どもの性格にもよりますが、いじめで人を傷つける、表裏の二面性を持つなど行き過ぎた行動を取りかねない事もあるなと感じます。

でも、どのお母さん、お父さん、子どもにとって「実親」でなくとも、保護者の立場にある大人はみんな悩むんですよね・・・

自分はこの子が人生のレールを外さないように導いてきたつもりなのになあ・・・どうしてこうなったんだろうって。

 

愛情を与えて入ればいいのはエゴだ、檻や水槽に居場所はないという圭吾の言葉は、彼自身の真紀子との関係から心の痛みを感じ取ったんでしょうね。

圭吾が動物にまで心の鬱屈を加えなくて本当に良かったですね。

誰のせいで吉岡君が死んだと考えるのは間違っている、日向は本当に子どもの心に寄り添える「まとも」な大人です。

「あれだけの経験」をしても、日向には人としての優しさがちゃんと残っていることが伝わります。

 

霧島(及川光博)の処分に関して、学校側はどこまでも面子や世間体を気にしますね。

生徒の心の傷よりも大人としての立場が大切なんだなって思いました。

明日の約束第9話の見どころ

9tsu、miomio、pandoraTVで明日の約束第9話の動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

日向(井上真央)と本庄(工藤阿須加)、尚子(手塚理美)の歪んだ関係や、霧島(及川光博)の”悪徳教師”ぶりに注目です。

日向が「あんな決意」をするとは予想外でした。

真紀子(仲間由紀恵)がとんでもない事をしようとしている!

やばい、これ以上、日向の心労を増やさないでほしいですよ。

 

圭吾の問題についての決着と、日向の新たな「告発」とは一体?!

凄く面白い内容なのに、来週が最終回とは寂しいです。

次回もこうご期待です。

明日の約束第9話の予告動画

https://www.youtube.com/watch?v=PzaXZduLMKU

こちらは明日の約束第9話の予告動画。

9tsu、miomio、pandoraTVでの動画無料視聴に向けて気分を盛り上げておきましょう!

9tsu、miomio、pandoraTV動画視聴リンク

明日の約束第9話の9tsu、miomio、pandoraTVでの動画はこちらから見れます。

 

⇒9tsu

⇒miomio

⇒pandoraTV

 

もし、9tsu、miomio、pandoraTVの動画が削除されてしまっていたら、こちらの方法を試してみてください。

2~3分くらいですぐに見れます!

動画投稿サイトのような削除リスクがなく、確実に見れるのでオススメです♪♪

⇒FOD公式で動画を見る