9tsu、miomio、pandoraTVで海月姫第1話を見るには。

このページでは、海月姫の第1話の9tsu、miomio、pandoraTVの動画視聴リンクを掲載しています。

海月姫第1話を見逃してしまった方は、9tsu、miomio、pandoraTVを使って視聴するのもいいかもしれません!

海月姫第1話のあらすじ

海月姫第1話のあらすじです。

分かりづらい部分があるかもしれませんので、9tsu、miomio、pandoraTVで動画を無料視聴する前に、予習しておくとより理解が深まります!

 

倉下月海(芳根京子)は、名前通りの海月オタク女子。

 

ある朝、自分の部屋で目が覚めると、謎のイケメンが上半身裸で寝ていて驚愕します。

月海は記憶を辿り、昨晩の10時に大好きな熱帯魚店へ行き、”クララ”とまで名付けた店の海月を見て癒されていました。

ふと、タコクラゲのクララの水槽に一緒にして飼ってはならない水クラゲが一緒に入っていることに気付き、店員に注意しようと試みます。

しかし、その店員は海月が苦手なイケメン男性で、思い切って口を開いた時、ドン引きされた彼女はその場で気を失ってしまうのです。

 

そこへモデルのように容姿端麗な見知らぬ女性が海月を庇って助けてくれ、クララを買ってくれたのでした。

嬉しさに舞い上がる月海でしたが、”救世主”のような存在の彼女は、月海の自宅に行きたいと言い出して・・・。

 

翌日、月海が大声を出し、隣で横たえる裸の男性を見て驚いていると、彼の正体は、あの謎の美女で、本名、鯉渕倉之介(瀬戸康史)。

女装が趣味であのような格好をしていたとのことですが、それを知った月海は大慌て。

実は、彼女が暮らすアパート、「天水館」は、お洒落な女性は天敵、男子禁制というオタクならではの風変わりな入居条件があったのです。

月海と友達以上で家族同然に日常を過ごしてきた住人、ジジ様(木南晴夏)、ばんばさん(松井玲奈)、まやや(内田理央)、そして、管理人でみんなのリーダー、千絵子(富山えり子)に倉之介の正体がばれては大変です。

果たして月海の運命や如何に?!

海月姫第1話の感想

9tsu、miomio、pandoraTVでの海月姫第1話の動画を視聴する前に、海月姫第1話を見た感想をお伝えさせてください!

 

月海は人と話すこと自体、どもりがあったり、人が沢山いる環境に過敏になってしまったり、不器用さもありますが、素直で優しい女の子ですね。

また、母を亡くし、その優しい記憶という経緯から、くらげに異様な執着を示すところは、趣味に根中する彼女の明るさに潜むきっかけに、とても胸が詰まりました。

謎の美女、倉之助は本当に柔らかなオーラを持つイケメンで、月海が動揺するのも無理はないオーラがあると感じました。

みんな個性的で面白い・・・私もオタク女子なので、共感出来るし、ほのぼのします。

 

収入源・・・親からの仕送りという切なさが現実を伝えていますね。

でも、弱さを笑いやポジティブに変えている”尼ーず”に凄く元気づけられました。

 

お父さんとは、微妙な距離感が感じられます。

愛されて育っているけれど、家族との距離感が否めない空気の倉之助・・・少しでも家族との距離が縮まればいいなと思います。

倉之助は優しくて偶に「塩対応」が目立つけれど、月海を一人の大人として見ているからこそ、敢えて「突き放す」一面も持ち合わせているんじゃないでしょうか。

しかし、修とは「母親」に関して今後の物語に影響する重大な関係を感じさせる会話に目が離せません。

 

「カンナさーん!」の”トンコ先生”や某求人検索会社のCMでお馴染みの泉里香さん演じる翔子は、性格的に「多重人格」で恐さが半端ないです。

人によって態度を使い分ける彼女の小悪魔性が魅力的です。

 

”女にとって服は鎧”という倉之助の言葉と、月海の母(小雪)が幼き頃から地味で、大人し気な月海に言った言葉の対比が凄く温かくて涙腺崩壊です。

月海は「尼ーず」の住人達からも母からも、そして、今後関わっていく倉之助からも人として愛されてることがこの物語の最大の魅力ですね。

月海と母の穏やかな時間・・・しかし、まだお母さんにすごく甘えたい時期に、当時の幼い彼女には理解できない出来事が、人生に影を落としてしまったところは切なくて・・・。

工藤阿須加さん演じる修は、倉之助とは”深い事情”で繋がった家族ですが、実の兄弟のようにゆるやかな関係でホッとしました。

修を演じている時の工藤さんは「明日の約束」の時と真逆の役で、工藤さんの俳優としての「カメレオン」のような切り替えにも脱帽です。

 

修は倉之助など家族には優しいけれど、月海や「尼ーず」のみんなには偏見的価値観を抱いていて、エリート外道を歩んできたからこそ、「普通」と「変人」という見方をしてしまうのでしょうか。

彼が少しでも月海達を”普通”とはずれているけれど、素敵な女の子なんだなって思うようになったらなって思います。

 

修と倉之助の父、慶一郎(北大路欣也)と翔子(泉里香)が、尼ーズの居場所を無くそうとしている黒い目論見・・・天見ず館よ、消えないでください。

 

月海の母との穏やかな記憶、愛されていること、そして、同じ水族館を訪れた時の月海の心境がものすごく伝わりました。

”お姫さまになれなくてごめんなさい”って月海の言葉・・・

お母さんが言っていた”真っ白なドレスを着たお姫さま”=花嫁・・・

結婚出来なくて、特性が強すぎて偏見の眼差しを向けられ、働いていない現状。

それでも今、天水館の住人や、思いのほか倉之助だけでなく、修まで”あんな行動”をとるぐらい、彼の心を変えてしまうとは・・・。

海月姫第1話の見どころ

9tsu、miomio、pandoraTVで海月姫第1話の動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

月海を通した現代にも一人はいるオタク女子。

それぞれの特性を持ちながらも、社会に出て人と関わることが様々な事情でどうしても個人差のある若い女の子達の結束の強さと、弱いところもあるけど、世の中で生きていける存在といいうことが伝わるのではないでしょうか。

彼女達の祖父母や親世代の人達にも見てほしいドラマだと思います。

 

何故、就職しないのか?

家から出ないで、のうのうと甘えているなんておかしいとか思わないでほしいのです。

彼女達のようにオタクとか関係なく、心の事情で外に出れない、どうしても人と会話をするのも気が引ける人達は沢山います。

 

”普通”なのか、”変人”なのかと境目をつけ、”ダメ人間”、”甘ったれ娘”という見えないレッテルや偏見的価値観を持たず、”違う”からこそ面白く、一昔前ならこんな生き方考えなかったなぁと温かい目で見てほしい作品です。

月海ちゃん達の住処がなくなる?!

修と倉之助の実の兄弟のような関係に潜む確執・・・

倉之助が”女子力高すぎてついていけない”と絶賛するくらいお洒落に正通している経緯が奥深くて、徐々にこれから明かされていく彼の過去にも注目してみてくださいね。

海月姫第1話の予告動画

こちらは海月姫第1話の予告動画。

9tsu、miomio、pandoraTVでの動画無料視聴に向けて気分を盛り上げておきましょう!

9tsu、miomio、pandoraTV動画視聴リンク

海月姫第1話の9tsu、miomio、pandoraTVでの動画はこちらから見れます。

 

⇒9tsu

⇒miomio

⇒pandoraTV

 

もし、9tsu、miomio、pandoraTVの動画が削除されてしまっていたら、以下のリンクから見てみてください。

2~3分くらいで登録して、無料トライアル期間ですぐに見れます!

利点としては、動画投稿サイトのような削除リスクがないので確実に見れるということですね♪

⇒FOD公式で動画を見る