9tsu、miomio、pandoraTVで海月姫第3話を見るには。

このページでは、海月姫の第3話の9tsu、miomio、pandoraTVの動画視聴リンクを掲載しています。

海月姫第3話を見逃してしまった方は、9tsu、miomio、pandoraTVを使って視聴するのもいいかもしれません!

海月姫第3話のあらすじ

海月姫第3話のあらすじです。

分かりづらい部分があるかもしれませんので、9tsu、miomio、pandoraTVで動画を無料視聴する前に、予習しておくとより理解が深まります!

 

倉下月海(芳根京子)は、海月のドレスを作ろうと言い出した蔵之介(瀬戸康史)に未だ疑心暗鬼です。

蔵之介は本気でドレスのスケッチをし、月海が違和感を感じて、ハナガサクラゲのデッサンを魅せ、蔵之介はその絵を見て、「こんなドレスがあったら欲しい」と意欲をみせました。

ばんばさん(松井玲奈)が月海を風呂が沸いたと呼び、蔵之介は男の姿が尼ーズ達にばれないよう、身を隠すのでした。

 

帰宅した蔵之介は、修(工藤阿須加)が彼の部屋を訪ね、月海と会いたいがどうすればいいか分からないと相談してきて・・・。

月海と付き合わせるといった約束が、まだ有効かどうか尋ねる修。

蔵之介は後日、月海に声を掛けて請けを負います。

天水館を訪ね、修とデートをするよう月海に伝え、案の定、彼女は、修が稲荷(泉里香)と交際していると思わせる現場を目撃した経緯から、拒否します。

蔵之介は直接、修にそのことについて聞いてみたらいいと提案しますが、乙女心としても、コミュニケーションが苦手で対人恐怖気味な性格としても、月海には至難の業でした。

更に畳み掛け、デートしなかったら、天水館が無くなると脅しをかけ、月海にメイクをして出かけさせます。

 

気まずい空気が流れるデートですが、修は月海がかつて、「気持ち悪い」と侮辱の言葉を投げつけてしまった女性であることに気付きます。

蔵之介は尼ーズに海月ドレスを作り、ドレスで儲けたお金で天水館の危機を乗り越えようと無謀な事を言い出し・・・。

海月姫第3話の感想

9tsu、miomio、pandoraTVでの海月姫第3話の動画を視聴する前に、海月姫第3話を見た感想をお伝えさせてください!

 

月海(芳根京子)は得意分野に関しては、水族館に就職できるくらい博識ですね。

この個性を仕事に繋げられたら、どもりやコミュニケーションが苦手なのも、一歩克服出来るのに繋がると良いんだけどなぁ。

蔵之介(瀬戸康史)はほんとうに優しくて、愛の鞭も偶に交えながら、月海や尼ーズを温かく見守っているなってほっこりします。

嫌がって猛抵抗する月海をよそに、蔵之介は今日の勝負服2着を準備・・・

用意周到、仕事が早いですね。

 

運転手、高級車買ってあげるに釣られるなよ・・・

某CMのお父さん犬でお馴染みの蔵之介の父、慶一郎は人を操るのに長けていますね。

彼は運転手として蔵之介のプライバシーを守ると言いながら、結局、口車に乗せられてしまうドジっこさがゆるいです。

 

月海のように私もオタク女子で、男性とデートどころか恋愛したこともないので、戸惑ったり、なんて話したらいいか分からない気持ち、共感してしまいます。

男の子って、まして修のような容姿が綺麗な人なら余計、とぎまぎしませんか。

 

蔵之介、あんな脱いだりしたら布切れないって普通に・・・

しかも、男性とは思えないほど色白なオモチ肌で羨ましいです。

月海は純粋な女子特有の反応を見せ、斬新に突っ込む蔵之介との掛け合いがとても楽しめました。

もし2人が女の子同士だったら、奥手な月海と積極派でポジティブな蔵之介の対照的な性格が個性的で、もっと面白くなるんじゃないかなって思います。

 

運転手の花森さん(要潤)がカメラマンの友達と繋がっていたとは。

裏のある彼が、月海と蔵之介の関係にヒビを入れてしまうのでしょうか。

花森も得体が知れないところがあり、人間として怖いですね。

 

月海は洋裁のセンスが凄く抜群ですね。

月海が作ったくらげちゃんのぬいぐるみ、欲しくなるくらい彼女のセンスはピカイチです。

大好きなクラゲを思い浮かべながら、ファッションには疎くても、独特の感性を持っていて凄く魅力的なキャラクター性を感じました。

 

稲荷(泉里香)あざとい・・・

相変わらず美貌を武器にして行動する計算高さが目立ちますし、学生時代、クラスに一人はいそうな苛めっ子がそのまま大人になったような女性ですね。

彼女は妖艶で、危険なスナイパーですね。

修(工藤阿須加)と月海と蔵之介って、凄く複雑な関係でハラハラしますね。

佐々木、今日もお仕事お疲れ様です。

 

月海、可哀想・・・本当は凄く好きなんですね・・・修の事。

あのハグされた時や、ぎこちないデートも全てが初体験で、今までに感じたことのない喜びだったのに・・・。

稲荷(泉里香)手強い・・・恐すぎますよ!

“ある方法”で、修や月海を混乱させ、メンタルをこれでもかと傷付ける小悪魔ですよ。

 

修も蔵之介も「母」という共通のトラウマと、愛された記憶が背景にあるからこそ、月海に感情移入してしまうんでしょうかね。

千絵子(富山えり子)とばんばさん(木南晴夏)にも蔵之介の重大な秘密が発覚し、せっかくの月海と築きつつある健全な関係も、音を立てて崩壊していくような気がして次回が気になります。

海月姫第3話の見どころ

9tsu、miomio、pandoraTVで海月姫第3話の動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

月海(芳根京子)の意外な天性の才能が光り、可愛いドレス誕生か?!

また、稲荷(泉里香)のドSでズキズキした行動に、修(工藤阿須加)との関係に亀裂が発生してしまいます。

また、月海や尼ーズを精神的に支える蔵之介(瀬戸康史)とも衝撃の展開に発展し、怒涛の波乱を迎えます。

 

稲荷(泉里香)のハニートラップに、蔵之介と月海、尼ーズ達の関係が悪化!

千絵子(富山えり子)許してあげようよ!

尼ーズのみんな、男の子が恐いって気持ちはわかるけど、あんなに月見やみんなの個性を受け入れてくれる蔵之介をそこまで拒絶しなくてもいいんじゃないかなって思いました。

不器用で時々スパルタだけど優しくて、人の個性を広い心で受け入れ、一緒に楽しんでくれる人ってなかなかいないよって、尼ーズ達を説得したくなってしまいました。

4話で、どうか尼ーズ達と蔵之介の関係が修復できますように祈ります。

海月姫第3話の予告動画

こちらは海月姫第3話の予告動画。

9tsu、miomio、pandoraTVでの動画無料視聴に向けて気分を盛り上げておきましょう!

9tsu、miomio、pandoraTV動画視聴リンク

海月姫第3話の9tsu、miomio、pandoraTVでの動画はこちらから見れます。

 

⇒9tsu

⇒miomio

⇒pandoraTV

 

もし、9tsu、miomio、pandoraTVの動画が削除されてしまっていたら、以下のリンクから見てみてください。

2~3分くらいで登録して、無料トライアル期間ですぐに見れます!

利点としては、動画投稿サイトのような削除リスクがないので確実に見れるということですね♪

⇒FOD公式で動画を見る