9tsu、miomio、pandoraTVで海月姫第6話を見るには。

このページでは、海月姫の第6話の9tsu、miomio、pandoraTVの動画視聴リンクを掲載しています。

海月姫第6話を見逃してしまった方は、9tsu、miomio、pandoraTVを使って視聴するのもいいかもしれません!

海月姫第6話のあらすじ

海月姫第6話のあらすじです。

分かりづらい部分があるかもしれませんので、9tsu、miomio、pandoraTVで動画を無料視聴する前に、予習しておくとより理解が深まります!

 

天水館で行われた海月ドレスのブランド、ジェリーフィッシュのファッションショーは無事、成功しました。

 

しかし、ショーの後に鯉渕蔵之介(瀬戸康史)に突然、接吻された月海(芳根京子)はそれ以来、心ここにあらずのぼーっとした状態が続いていて・・・。

蔵之介はショーの最中に、月海たち尼ーズを守りたいあまりに、天水地区再開発に反対したことで、賛成派の父、慶一郎(北大路欣也)に叱られてしまいます。

スポーツ紙などは、ショーよりも親子対決を取り上げてしまったのでした。

 

その頃、蔵之介と腹違いの弟、修(工藤阿須加)は議員会館で慶一郎の後援者からなどの電話対応に追われていて、その電話の中に別件の内容が入ったことに気付き、電話に出るとなんと、蔵之介の実母リナ(若村麻由美)からでした。

リナは蔵之介がショーで着ていたドレスの注文を修に頼んできて、しかも、蔵之介には内密にとのことで・・・。

 

マスコミが騒いでいるので、慶一郎に外出禁止令を出されてしまった蔵之介ですが、彼が大人しく言う事を聞いているわけではありません。

自宅前に押し寄せるマスコミ達に対し、蔵之介は海月ドレス姿で登場し、ちゃっかり宣伝します。

その足で月海達の住居、天水館へ出かけた蔵之介は、尼ーズ達に「ジェリーフィッシュのホームページを作ってドレスのオーダーを取ろう」と提案しますが、そんな彼を自室に呼んだ月海は、接吻の件について問いただしてきます。

「挨拶みたいなものだよ」と軽々しく答えた蔵之介。

 

月海は後日、生地を買いに行くと、修とばったり出会います。

修は内緒でドレスを頼むのですが、それがリナの注文だということは伏せていて、修に送られて天水館へ帰宅した月海を蔵之介が目撃していました。

海月姫第6話の感想

9tsu、miomio、pandoraTVでの海月姫第6話の動画を視聴する前に、海月姫第6話を見た感想をお伝えさせてください!

 

可愛い…恋愛経験に乏しい月海(芳根京子)の動揺っぷりが凄く共感できます。

私もほぼ、月海と同じように男の子に耐性がないので、あんなふうに何がなんだか分からないもどかしさが伝わってきました。

 

蔵之介(瀬戸康史)凄いポジティブすぎます。

自分の逆境をもろともしないメンタルの強さは見習いたいものですね。

一方で、蔵之介とは対照的な性格の”優等生”を思わせる次男の修(工藤阿須加)は慎重派で奥手なところが魅力ですね。

 

偶々とはいえ、月海最大のピンチですね。

でも、修とのぎこちないところが親みたいな気持ちで見守れるほっこりした胸キュンシーンだなと思いました。

 

花森(要潤)と慶一郎(北大路欣也)の天水館再開発についての2人の微妙な空気や、蔵之介と月海達にとって立ちはだかる壁なのがネックで歯がゆいです。

尼ーズ、蔵之介頑張れと応援したくなりますね。

稲荷(泉里香)さんきましたよ・・・

本日もドSで人を山頂からでも卑下する彼女の強烈な存在感も見逃せませんね。

 

みんなの心が雪溶けみたく一気に崩壊して、空気最悪のなかで、新キャラが登場!

りんしゃ(江口のり子)さんの強烈な厳しい存在感に視聴者も圧倒されますね。

蔵之介は月海や尼ーズの特性を理解して役割分担をさせていて、とても良いリーダーシップを発揮しています。

蔵之介の上向きさや唐突で富んだアイディアは、尼ーズ達のゆるやかな日常に光を差し、今までにない刺激や日常を経験させているメリットと共に、不器用で物事に対する対応力、社会性に欠けている尼ーズにとっては、みんなの心が益々、バラバラになってしまう空気を生み出してしまうところが切ないですね。

 

ばんばさん(松井玲奈)や、まやや(内田理央)の普段やらない事に遭遇した時にどうしていいか分からなくなる混乱さが伝わりますが、このままだと天水館がなくなって月海達の居場所の行方が凄く気になりましたね。

修(工藤阿須加)の”ある発言”が奥深かったです。

尼ーズ達のように、彼女達が発達障害とも感じ取れる個性の違いや特性の生かし方、蔵之介の表面的には明るいけれど、内面がとても繊細で感受性の強いところが、再びどうしたら再生できるか考えさせられました。

 

月海の気持ち、”みんながいるからこそ頑張れる”とか、”自分を理解してくれた存在”が今も長く付き合える友達っていうところは、私も同じ経験があるので納得できますね。

蔵之介の言葉ひとつで、みんな違うことを考えてしまうけれど、その分、やる気や結束力が芽生えたり、蔵之介も自分の今までの考えになかったことに気付けることに繋がって本当に良かったです。

 

尼ーズや蔵之介だけでなく、花森(要潤)まで協力するなんて意外でしたね。

予想外の助っ人がデモに登場し、爽快感や理解者がいることで何倍でもどんなことも強くなれるって感じがします。

海月姫第6話の見どころ

9tsu、miomio、pandoraTVで海月姫第6話の動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

尼ーズの居場所を救う為に堂々とマスコミや父に反発し、優しさで我が道を貫き通そうとする蔵之介と、修のことや蔵之介との間で心揺れる純粋無垢な月海の複雑な関係が見どころです。

また、月海達、尼ーズの心が何故かバラバラに?!

どうなる、月海!尼ーズ!

 

人と人との繋がりや誰かのことを想う気持ちが、どこまでもその人にとっては最大の逆境を乗り越えようとする活力になるっていうところに注目してみて下さい。

月海と修の一歩ずつ進もうとしている恋の行方も甘酸っぱい青春を思わせるような展開なので、思春期に戻ったような錯覚に襲われてキュンキュンしますよ。

 

父と息子のすれ違い・・・

息子の若いからこその無茶な行動と、我が子を想いながらも自分の信念を曲げない堅物な親って誰でも経験があるのではないでしょうか。

親と子の心のボタンの掛け違い、地域にとって何が最善の策なのかを考える現実的な部分も目が離せません。

海月姫第6話の予告動画

こちらは海月姫第6話の予告動画。

9tsu、miomio、pandoraTVでの動画無料視聴に向けて気分を盛り上げておきましょう!

9tsu、miomio、pandoraTV動画視聴リンク

海月姫第6話の9tsu、miomio、pandoraTVでの動画はこちらから見れます。

 

⇒9tsu

⇒miomio

⇒pandoraTV

 

もし、9tsu、miomio、pandoraTVの動画が削除されてしまっていたら、以下のリンクから見てみてください。

2~3分くらいで登録して、無料トライアル期間ですぐに見れます!

利点としては、動画投稿サイトのような削除リスクがないので確実に見れるということですね♪

⇒FOD公式で動画を見る