9tsu、miomio、pandoraTVでファイナルカット第7話を見るには。

このページでは、ファイナルカットの第7話の9tsu、miomio、pandoraTVの動画視聴リンクを掲載しています。

ファイナルカット第7話を見逃してしまった方は、9tsu、miomio、pandoraTVを使って視聴するのもいいかもしれません!

ファイナルカット第7話のあらすじ

ファイナルカット第7話のあらすじです。

分かりづらい部分があるかもしれませんので、9tsu、miomio、pandoraTVで動画を無料視聴する前に、予習しておくとより理解が深まります!

 

「ザ・プレミアムワイド」という報道番組にて、過去に母、恭子(裕木奈江)を女児殺害事件の容疑者だと断定付けるように流された挙句、それが原因で、彼女を自殺で亡くした経緯から、その関係者に偽名で次々と接触を計り、彼らの弱点を動画で配信して復讐を実行してきた、慶介(亀梨和也)。

慶介から制裁を受けたプレミアムワイドの面々、井出(杉本哲太)、真崎(水野美紀)、皆川(やついいちろう)、小池(林遣都)、そしてプレミアムワイドの名物司会者にして、慶介にとって因縁の人物、百瀬(藤木直人)。

映像を見せられた後に、慶介の母の事件について何故、犯人扱いされなければならなかったのかを突き止める為の協力を強要させられたのでした。

ところが、百瀬(藤木直人)はどこまでもスクープを取る為なら井出達社員をこき下ろし、横暴な態度と善良心さえ欠如したその歪んだ内面性を持っており、一筋縄ではいきません。

 

事件当時、警察幹部の芳賀(鶴見慎吾)が捜査情報をリークし、百瀬が番組で恭子を犯人視し始めたことを突き止めた慶介ですが、表向きの顔として成り立っていた警察官の姿がテレビで中継されてしまいました。

恭子が生前、女児殺害事件当時に目撃した謎の男、小河原祥太の妹である雪子(栗山千明)に呼び出された慶介は、偽名で彼女とその妹、若葉(橋本環奈)に近づいたことを告白し、それが母の死と彼女達の兄の行方を追う為だったとも打ち明けるのでした。

しかし、雪子はあの日、翔太は家にいたと言って耳を貸そうとしません。

 

慶介が警察官だと知ったプレミアムワイドの面々、真崎、井出、皆川、そして百瀬は、慶介をスクープのネタにするべく、身辺や経歴を調査して慶介の前に姿を現します。

その頃、翔太の居場所を早く追求したい慶介は、雪子と若葉の父、小河原達夫(舛毅)に狙いを定めます。

相談客を装って弁護士をしている彼に接近した慶介が、12年前の事件の話を引き出すと、達夫の表情がみるみるうちに変わり、彼は”ある意外な人物”とコンタクトを取ることに。

その夜、慶介の全てを知っている刑事、高田(佐々木蔵之介)は百瀬から慶介に関わって迷惑を被ったとの話を聞きます。

百瀬は「事件の真相を探るつもり」と言って、高田を驚愕させます。

 

雪子から慶介の正体を知らされた若葉は、慶介の前に現れ、「お兄ちゃんの居場所を教えるから恋人になって」と無茶な要求をしてきました。

同じころ、達夫を監視している慶介の相棒、大地(高木雄也)に魔の手が忍び寄っていて・・・。

ファイナルカット第7話の感想

9tsu、miomio、pandoraTVでのファイナルカット第7話の動画を視聴する前に、ファイナルカット第7話を見た感想をお伝えさせてください!

 

いきなり慶介と雪子の「奥深い」シーンから入ってきて、めちゃくちゃ興奮度が高まります。

ザ・プレミアムワイドのみんなは、慶介(亀梨和也)のことを熱心に調べていて、慶介大ピンチじゃないですか。

百瀬(藤木直人)は本当に冷徹すぎませんか・・・

どこまで人の痛みを利用すればいいんでしょうね。

 

プレミアムワイドの面々、真崎(水野美紀)がかつての仕返しともいえる接し方をしていて、形勢逆転になってしまうのでしょうか。

慶介が早速、雪子と若葉の父に近づきましたね。

12年前の話を出されると、無理やりにでも話しを遮る小河原の態度が、絶対何か隠しているなって感じが伝わりますね。

 

慶介が勤めている警察署の”あんなこと”や”こんなこと”が発覚し、まさしく汚職警察官っていってもいいかもしれませんね。

まさか、小河原が”あの人物”と関わっていたとは・・・アンフェアすぎませんか。

 

若葉(橋本環奈)はまだ未熟で、兄のことを執拗に狙う慶介でも、好きという気持ちを抑えられないところが精神的に子どもだと思いました。

兄に限らず、慶介の復讐計画は、雪子(栗山千明)や父まで慶介の調査が及んでいるというのに・・・

恋よりも家族の一大事をもう少し考えてくれたらなって感じがします。

 

大地(高木雄也)に柄の悪い男達が接近し、それだけでなく、裏で彼らを仕向けていたのが予想外の人物で震えました。

表向きは善良なのに、手段を択ばない”ある人物”の行動には心臓がばくばくでしたよ。

両親が揃っていながら、親を”カウントしてない”ぐらい身近な存在でない大地の発言に胸が締め付けられました。

恐らく、両親がロクな人間じゃなかったことが彼の表情から伝わると同時に、唯一信頼できるのは慶介と慶介の母、恭子(裕木奈江)だったなんて・・・。

 

視聴者の皆さんお待たせしました。

オリンピックの放送で前回は放送がお休みだったので、2週間ぶりの”ファイナルカット式”公開処刑の始まりですよ。

”エリート刑事部長”のもう一つの顔を暴いた慶介を見ていると、全てのパズルピースが繋がったように爽快感を感じさせますね。

遺族VS汚職刑事部長の対峙が最高にスリルがあり、慶介が今までにない隙を見せていたところは予想外でしたね。

 

甘い!甘いぞ慶介!ええー!警察官ならではの共闘があったとは・・・・

しかも脅迫が追加って恐すぎるんですけど。

高田(佐々木蔵之介)の後半部分の12年前の”ある発言”と、”隠された事実”が明るみになり、息を突く暇もないぐらい見ごたえがありました。

高田の行動がどんでん返しというか、予想を裏切る行動をしていて、慶介にその事を打ち明けた部分は涙腺が緩みました。

 

雪子(栗山千明)の気持ちも分からなくない・・・

家族が平穏に暮らしていたのに、慶介の行動と存在のせいで、バラバラになった雪子達の状況も複雑さが如実に伝わりました。

恋愛に現を抜かし、姉の助言も分かっているけど、恋心を抑えられなかった若葉(橋本環奈)が視聴者の視線を釘付けにさせる驚愕の行動を取ったところも急展開さをみせていましたね。

ファイナルカット第7話の見どころ

9tsu、miomio、pandoraTVでファイナルカット第7話の動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

慶介(亀梨和也)のこれまでの行いと共に、彼の表向きの顔が「ザ・プレミアムワイド」のメンバーに発覚してしまい、慶介自身も弱点を見破られてしまうのかってハラハラします。

鋼のようにメンタルの強い慶介が、本日のエピソードで手強い百瀬や、上司であると同時に慶介の過去を知っている高田(佐々木蔵之介)も侮れません。

雪子(栗山千明)と若葉(橋本環奈)は慶介の本性を知り、家族の身に迫る危機にどう動くのか必見ですね。

 

本日のエピソードは、濃厚な内容と事件の核心に迫っていて、見逃したら損!っていうぐらいの内容でした。

ファイナルカット第7話の予告動画

こちらはファイナルカット第7話の予告動画。

9tsu、miomio、pandoraTVでの動画無料視聴に向けて気分を盛り上げておきましょう!

9tsu、miomio、pandoraTV動画視聴リンク

ファイナルカット第7話の9tsu、miomio、pandoraTVでの動画はこちらから見れます。

 

⇒9tsu

⇒miomio

⇒pandoraTV

 

もし、9tsu、miomio、pandoraTVの動画が削除されてしまっていたら、以下のリンクから見てみてください。

2~3分くらいで登録して、無料トライアル期間ですぐに見れます!

利点としては、動画投稿サイトのような削除リスクがないので確実に見れるということですね♪

⇒FOD公式で動画を見る