9tsu、miomio、pandoraTVで海月姫最終回を見るには。

このページでは、海月姫の最終回の9tsu、miomio、pandoraTVの動画視聴リンクを掲載しています。

海月姫最終回を見逃してしまった方は、9tsu、miomio、pandoraTVを使って視聴するのもいいかもしれません!

海月姫最終回のあらすじ

海月姫最終回のあらすじです。

分かりづらい部分があるかもしれませんので、9tsu、miomio、pandoraTVで動画を無料視聴する前に、予習しておくとより理解が深まります!

 

倉下月海(芳根京子)は天水館を出てから、マンガ喫茶を家代わりにしていました。

心配して訪ねてきた、鯉渕蔵之介(瀬戸康史)は彼女が大切にしているクラゲの”クララ”を預かっていたので、その飼育方法を月海に聞こうとしていました。

すると、マンガ喫茶の隣近所の個室から、まやや(内田理央)、ばんばさん(松井玲奈)、ジジ様(木南晴夏)、千絵子(富山えり子)といった月海の同志達の顔が覗きます。

”尼ーズは解散!卒業!”とあれだけ高らかに前回、祝杯をあげて天水館を出て行ったにも関わらず、結局、付かず離れずの面々に呆れる蔵之介なのでした。

ともかく、蔵之介は天水館に残してきたクララの飼育道具を取りに行くことに。

途中、修(工藤阿須加)からのプロポーズの返事を月海に突っ込んだ蔵之介に対し、まだ整理がついてないと答える月海。

 

鯉渕家では修(工藤阿須加)が月海にプロポーズしたことを運転手の、花森(要潤)に報告しているところでした。

それを聞いた花森は、修のことを思って敢えて厳しい酷評を言い渡します。

一方、再開発計画の見直しを知った稲荷翔子(泉里香)は、佐々木浩平(安井順平)と慶一郎(北大路欣也)に事実確認に行きました。

顔を出した修を交えて、慶一郎は反対派が無視出来なくなったので、行政として見直すと伝えます。

 

月海達が「天水館」につくと人の気配を感じます。

現れたのはあの、カイ・フィッシュ(賀来賢人)。

デザイナーを続けないと言う月海を残念がるカイは、蔵之介が月海の才能を潰したと絶弾し、月海によく考えるようにと言い残して去っていきました。

漫画喫茶に帰った尼ーズと倉之助は、「ジェリーフィッシュ」の解散を改めて宣言し・・・。

海月姫最終回の感想

9tsu、miomio、pandoraTVでの海月姫最終回の動画を視聴する前に、海月姫最終回を見た感想をお伝えさせてください!

 

尼ーズは蔵之介も呆れる程、肌身を寄せ合って生きてるんだなと感じます。

花森は毒舌すぎるけど、これも愛の鞭なのでしょうか。

 

カイ・フィッシュの登場と存在感が凄いですね。

そして、蔵之介に言い渡す宣戦布告・・・月海の可能性を君は潰した・・・

いやいや、本当にカイは月海に能力があると思っているのでしょうか。

尼ーズの精神的成長を見守り、誰よりも大人だと思っていた蔵之介が、自身の弱さ、みんなの中心にいながら自立を考えた彼の重苦しい空気のなか零れた言葉は考えさせられます。

 

月海と尼ーズ、蔵之介のジェリーフィッシュの渾身の卒業制作計画がいよいよ始動です!

もうハラハラドキドキで、胸が高まってきました。

月海はドレス製作だけでなく、修との問題も解決しなくては・・・

自分なりにどうしたらいいか分からなくても、ケジメをつけようとしている意志が感じられました。

ノムさん(安達祐実)や、ニーシャ(江口のりこ)の協力もあり、着々とドレス製作は進行してますが、会場が・・・会場が!

うーん、歯がゆいです。

 

修の言葉が凄く重みがあり、蔵之介の返答も母とみんなで暮らせたら、自分達のドレスを母が買ってくれたらそれだけでも十分・・・共感します。

修の努力が尼ーズや蔵之介のドレス製作に僅かですが、希望の兆しが・・・。

 

花森よ・・・”それ”は言っちゃいかんですよ!

ましてや、月海以外の尼ーズに!

流行りの「もぐもぐタイム」発言で視聴者をほっこりさせたと思いきや、まさかの大失態発言です。

ただでさえ、蔵之介にやっと心を開いた尼ーズちゃん達がパニックを起こすの知らないからつい、普通の会話で言ってしまうとは。

 

月海が熱心にデザインをひらめいた時、私も今の仕事を頑張ろうって思えます・・・何故か勇気づけられます。

好きなことに一生懸命になれて、どこまでもありのままの自分を表現しているのを見ていると、応援したくなりませんか?

出来た衣装をクラゲの”クララ”に伝えている時、オタクとしての月海でなく、自分の仕事に誇りを持っていること、全力を出してくるって決心と、試練を乗り切ろうとしている強い決意が伝わります。

 

花森の司会が神過ぎるんですけど・・・

海月姫の物語のこれまでの経緯を子どもにも分かりやすいなって思いましたし、司会の言葉の設定を書いた月海も素直で可愛かったです。

一方で、和やかな空気が一変・・・

修が良かれと思って連絡を取ったジェリーフィッシュのショーにまさかの”あの人”が登場して、蔵之介が今までにない程、動揺しているのは胸が詰まりました。

月海が蔵之介のピンチを機に、今まで彼に甘えていたこと気付き、気弱だった彼女が尼ーズを引っ張っている・・・

みんなの心の成長が垣間見れた見どころです。

 

蔵之介が誰よりも他人のことを気にかけたり、みんなを団結していこうとする優しさは、限りない親の愛があったからだって思います。

弱みを見せた蔵之介が後半、活力を取り戻して、月海を引っ張っていくところは人間性が素敵だなって感じました。

 

尼ーズの進路開拓、蔵之介と尼ーズと月海のしばしの決別・・・

でも悲しい別れでない、”有難う、またいつか会おうね”の意味のほっこり感と、みんなの結束力の固さに感動しました。

こんなに1話から最終回まで見ていて、やさしい気持ちになれるドラマがあるでしょうか。

また、尼ーズが”男子禁制”の謎も、尼ーズ達に欠かせない”ある人物の登場”で明らかになったところもクスッと笑えました。

 

月海の自立や尼ーズ達の心が凄く動いたところが見ごたえです。

今までこの作品を知りませんでしたが、このドラマに出逢えて良かった!って思える可愛くて笑えて、切なくて、とても温かくなれました。

海月姫最終回の見どころ

9tsu、miomio、pandoraTVで海月姫最終回の動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

尼ーズは渾身の”卒業制作”に取り掛かり、ノムさん(安達祐実)、ニーシャ(江口のりこ)らも協力して月海達のドレス製作はいよいよ、終盤へ向かいます。

そして、”引きこもり”、”ニート”の隠遁生活を続けていた彼女達が自立へ向けてまた、一歩前進します。

蔵之介は、月海が自分と修との間で心揺らぐのをどう”大人な対応”で受け止めるのでしょうか・・・。

 

月海の選択肢は如何に?!

最終回に向けて特別ゲストも登場で益々、波乱と心温まるフィナーレを迎えること間違いなしですよ。

精神的な人の成長と、それぞれの旅立ち・・・

これが一番視聴者の皆さんに見逃さないでいただきたいところです。

海月姫最終回の予告動画

こちらは海月姫最終回の予告動画。

9tsu、miomio、pandoraTVでの動画無料視聴に向けて気分を盛り上げておきましょう!

9tsu、miomio、pandoraTV動画視聴リンク

海月姫最終回の9tsu、miomio、pandoraTVでの動画はこちらから見れます。

 

⇒9tsu

⇒miomio

⇒pandoraTV

 

もし、9tsu、miomio、pandoraTVの動画が削除されてしまっていたら、以下のリンクから見てみてください。

2~3分くらいで登録して、無料トライアル期間ですぐに見れます!

利点としては、動画投稿サイトのような削除リスクがないので確実に見れるということですね♪

⇒FOD公式で動画を見る