9tsu、pandora、dailymotionでアバターを見るには。

このページでは、アバターの9tsu、pandora、dailymotionの動画視聴リンクを掲載しています。

アバターを視聴したい方は、9tsu、pandora、dailymotionを使って視聴するのもいいかもしれません!

アバターのあらすじ

アバターのあらすじです。

分かりづらい部分があるかもしれませんので、9tsu、pandora、dailymotionで動画を無料視聴する前に、予習しておくとより理解が深まります!

 

退役軍人のジェイク・サリー(サム・ワーシントン)は、地球から惑星パンドラへの宇宙船の中、低温カプセルから目覚めました。

ジェイクの双子の兄・トミーは科学者であり、パンドラへ行く予定でしたが急死したため、DNAが同じのジェイクが代わりに行くことになったのです。

ジェイクは元海兵隊の偵察兵で、足を負傷し将来を絶たれていましたが、兄に投資した、肩代わりを頼みたいというRDA社(資源開発公社)の話で、行きたくもない星へ来たのでした。

 

惑星パンドラにはガスがあり、フィルターマスクを装着しないと4分で死に至り、熱帯雨林によく似た密林には、知能の発達した巨人型有尾人種「ナヴィ」という先住民がいるのでした。

RDA社は、希少鉱物“アンオブタニウム”欲しさに、ナヴィと採掘の交渉をしますが失敗し、地球人とナヴィのDNAを掛け合わせた人体を作り、操作員と神経を同調させる「アバター」を開発し、ナヴィと接触を図ろうとしました。

操作員各自のDNAに合わせて作られているので、ジェイクは問題なく、兄のアバターの神経に適合し、その仮の肉体では足を気にする事なく自由に動くことが出来ました。

 

「アバター計画」の責任者、グレイス博士(シガニー・ウィーバー)の下で操作員として、兄の同僚、ノーム・スペルマン(ジョエル・デヴィッド・ムーア)と働き始めたジェイク。

しかし、地球人居留地にいる傭兵部隊のクオリッチ大佐(スティーブン・ランプ)から、表向きはグレイスの部下で、裏でナヴィから信頼を得た情報を引き出し、報告するようにと命じられます。

 

ある日、アバター姿のジェイクは、密林の中で仲間とはぐれてしまったところを、ナヴィのオマティカヤ族、族長の娘であるネイティリ(ゾーイ・サルタナ)に助けられます。

その時、オマティカヤ族の村人たちに殺されそうになりますが、聖なる木の精・エイワのお告げがあるとネイティリが言い、村まで連行される事になりますが…?!

アバターの感想

9tsu、pandora、dailymotionでのアバターの動画を視聴する前に、アバターを見た感想をお伝えさせてください!

 

「アバター」は、2009年のジェイムズ・キャメロン監督作品で、アカデミー賞の、撮影賞・美術賞・視覚効果賞の三部門に輝いています。

映画を見ると納得ですが、CGと分かっているはずの映像が、とてもリアルで素晴らしく、特に空の場面が迫力もあり、感動しました!!

ナヴィが、イクランという翼竜に乗り、空中を駆け巡るシーンは、思わず息を飲んでしまいます。

 

惑星パンドラという、地球とは別の星なので、勿論、住んでいる生物は見たことのないモノばかりでした。

6本足の馬の様な生物、サメのハンマー・ヘッドの様な頭のサイの様な草食動物、黒い大きな肉食動物、全てにおいて独創的なデザインです。

特にイクランは、ドラゴンではなく宇宙の鷲のイメージだそうで、ただの空想動物でなく、動物学的に線や模様も考えられていて、とても綺麗で神秘的な生き物でした!

 

地球人と原住民の話ですが、ジェイクがナヴィの姿になって話が進むので、青くて大きくて動物の様な動きをする生物が重きに置かれて、対する地球人が侵略者という立場になります。

勿論、地球人側も、ナヴィとの交流でお互いに共存を願う研究者たちもいますので、全員が侵略者ということにはなりません。

そこに、ジェイクとネイティリの信頼関係や、イクランと心を通わせる・絆を結ぶ事、エイワに受け入れられる事などがあり、話は進んで行きます。

惑星侵略の話ではなく、人と人、動物や植物の交流、共存を考えさせられる話で、本当に素晴らしい作品だと思いました!

アバターの見どころ

9tsu、pandora、dailymotionでアバターの動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

「アバター」の見どころは、大きく2つあります!

 

1つ目は、視覚効果のVFXです。

 

密林などの撮影は、グリーンスクリーンを使用し、グラフィック映像の合成、パンドラの地形のホロにはホロテープ・3Dホログラフが使われています。

他にも、フィルターマスクの透明部分や、ヘリコブターの窓ガラス・背景なども後付けです。

そして、パフォーマンスキャプチャーも、レベル1〜3の3段階に分けて制作されているので、リアルな映像になっています。

 

1番最初に、クレイモデルという立体モデルを作成し、独創的なデザインを3Dスキャンすることで、形のままデータをCGにします。

今度は、ザ・ボリューム(パフォーマンス・キャプチャー・ステージ)で動きをつけることにより、よりリアルな映像が出来ます。

そして、演技者がマーカーのついたキャプチャースーツを着て動きを記録するだけでなく、顔面に付けたマーカーで目の動きや表情まで記録する“デジタル・クローズアップ”という技法も使われています。

その結果、先住民のナヴィのような映像が出来るのです!

 

2つ目は、ジェームズ・キャメロン監督の「アバター」のコンセプト、《環境問題》です。

 

地球の環境問題を元に制作され、100年以上前に北米で起きた環境汚染が影響を与えています。

そして、「アバター」制作後に、アマゾンのマナウスでの環境破壊について似たことが起こっていると感じられたそうです。

技術の発展=環境破壊となりますが、発展が必ずしも悪いことではなく、我々が文明的先住民に進化しなければならない、そういう意味では、「アバター」のストーリーと重なる部分があるそうです。

 

CGのすごさ、迫力を感じながら、奥の深いストーリーの「アバター」

2020年12月に「アバター2」も公開予定です。

それに続いて、2021年〜2025年に「アバター3」〜「アバター5」公開予定のシリーズ5作品、一番最初の「アバター」を是非、ご覧ください!!

アバターの予告動画

こちらはアバターの予告動画。

9tsu、pandora、dailymotionでの動画無料視聴に向けて気分を盛り上げておきましょう!

9tsu、pandora、dailymotion動画視聴リンク

アバターの9tsu、pandora、dailymotionでの動画はこちらから見れます。

 

⇒9tsu

⇒pandora

⇒dailymotion

 

もし、9tsu、pandora、dailymotionの動画が削除されてしまっていたら、こちらの方法を試してみてください。

2~3分くらいですぐに見れます!

動画投稿サイトのような削除リスクがないので確実に見れるのでオススメです♪

⇒U-NEXT公式で動画を見る