9tsu、miomio、pandoraTVで正義のセ第6話を見るには。

このページでは、正義のセの第6話の9tsu、miomio、pandoraTVの動画視聴リンクを掲載しています。

正義のセ第6話を見逃してしまった方は、9tsu、miomio、pandoraTVを使って視聴するのもいいかもしれません!

正義のセ第6話のあらすじ

正義のセ第6話のあらすじです。

分かりづらい部分があるかもしれませんので、9tsu、miomio、pandoraTVで動画を無料視聴する前に、予習しておくとより理解が深まります!

 

凛々子(吉高由里子)は、同期のユキの結婚披露パーティに出席します。

全国各地に赴任している仲間たちが一堂に集まり、パーティは大いに盛り上がりました。

そこで、凛々子は、弁護士になった美咲(倉科カナ)と久々の再会を果たします。

 

大学時代からずっと助け合いながら勉強してきた似た者同士でしたが、進路を決める際、それぞれの正義を貫く為に検事と弁護士という違う道を選び、決別します。

披露宴の帰り、凛々子は美咲を自宅に招いて、竹村家みんなで歓迎します。

凛々子と美咲は、お互いの近況報告をし、そして恋バナになると、大塚(三浦翔平)との前回起きた”あるトラブル”が頭に浮かぶ凛々子なのでした。

 

翌日、出勤した凛々子は、相原(安田顕)から飲み会で酔っぱらって寝てしまった時に、大塚にしたことを知らされます。

そこで、凛々子は大塚と顔を合わせると、意識するようになってしまいます。

そんななか、オレオレ詐欺の被疑者は送致され、凛々子は今日も仕事に張り切ります。

被疑者は大学生の、浅田謙人(岡山天音)。

凛々子の取り調べに対し、「軽いアルバイト感覚でやってしまった」と反省をしています。

 

そして、浅田を担当する弁護士として、港南支部を訪れたのはなんと、美咲でした。

美咲は何故か、”ある理由”で、浅田の釈放を要求しますが、凛々子は検事として彼を釈放出来るだけの情報がないので、拒否します。

しかし、美咲は浅田の言い分を信じていて、徹底的に守ろうとしますが・・・。

正義のセ第6話の感想

9tsu、miomio、pandoraTVでの正義のセ第6話の動画を視聴する前に、正義のセ第6話を見た感想をお伝えさせてください!

 

初っ端から、視聴者の誰もが凛々子のような苦虫を噛み潰したような表情になる神蔵くんの登場です。

彼のように歳月が経っても、一人の人に執着するような、周りを困らせる男もサブキャラとしては魅力がありますね。

 

美咲と大学時代に誓った、「人を助ける」仕事に就くこと・・・

お互いに将来を見据えていた凛々子の青春時代を感じさせました。

凛々子のように長い付き合いの友達と同じ目標で進路を境目に別れた経験がある人の心にも、甘酸っぱくも懐かしさが伝わったのではないでしょうか。

 

凛々子の今度の標的は、オレオレ詐欺師の被疑者、浅田健人です。

どこにでもいるのんびりした顔が目立つ大学生で、とても犯罪に関わっているとは思えません・・・

しかし、こういう平凡そうな人ほどってこともあるので、彼に目が離せません。

 

美咲の可憐さと周囲がぱっと明るくなったようなオーラに、凛々子の職場の男性陣、ノックアウトですか・・・。

凛々子が思う様に、男の人って可愛い女の子に弱いんだなってつくづく実感します。

 

美咲強いですね・・・凛々子も仕事という面では食い下がるわけにはいかない相手ですね。

「友達」、「同期のさくら」であると同時に、職業上の立場から対立し、討論せざるを得ない2人にハラハラドキドキです。

「弁護士」と「検事」難しいですよね・・・

 

相原・・・いつもは冷静沈着かつ毒舌に、凛々子を諭すのに、鉄道オタクスイッチが入り、浅田のグッズに目がくらんでいる様子は、かなりのギャップがありました。

 

それぞれの立場でそれぞれの味方がある・・・真実は一つだけ。

梅宮支店長(寺脇康文)って部下一人一人をいい意味で目を配っていて、こんな上司が今の時代にいたらいいなって思いました。

また、凛々子の父、浩市も、支店長とは違った経験のある大人として、「融通の利かない者同士だけど、似ているからこそ、分かり合える」って凛々子にアドバイスした言葉が凄く心に響きました。

 

親しき仲だからこそ、美咲の何気無い言葉から彼女の危機を感じた凛々子。

あれだけ仕事上、対立しても、友達として理解し合っている関係が伝わりました。

美咲は一人で潜入し、事件の大きな尻尾を掴みましたが、とんでもない事態に巻き込まれそうですね。

か弱い女性がいくら年下だからって男の子の集団の中に、事件の証拠を掴む為に一人で乗り込むとは・・・

凛々子と彼女は、正義感が強すぎて周りが見えなくなっているところが共通しますね。

 

相原の一言、相変わらず止めを刺すような感じがします。

視聴者が思っている事をチクリ・・・今日も健在ですね。

 

”あなただって他人の人生を台無しにしている”

凛々子の愛ある説教が、事件の犯人の心に重く、厳しく響きましたね。

さらに、相原の付け加えた言葉も凄く深いので、見逃してほしくない場面でした。

正義のセ第6話の見どころ

9tsu、miomio、pandoraTVで正義のセ第6話の動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

「ファーストクラス」シリーズでも愛くるしい存在感を放っていた倉科カナさんが、今回の凛々子と関わる大切な人であると同時に、トラブルメーカーらしいです。

予告編にあった「彼女が大丈夫じゃない」と言う時は虫の知らせ・・・とでもいうような状況だそうで、友情と検事としての裁きの判断か、凛々子の究極の選択に注目してみて下さいね。

そして、被疑者の天音はごく普通の未熟な若者に見え、反省している素振りも感じられるのですが、本当の彼とは一体・・・。

 

学生時代の友情と社会人になってからの価値観の違い、立場から人を救い、裁きを下す判断の難しさも伝えています。

自分の仕事の理想と現実、友達だけど仕事上ではいい意味で敵になることへのメッセージ性が強いエピソードです。

正義のセ第6話の予告動画

こちらは正義のセ第6話の予告動画。

9tsu、miomio、pandoraTVでの動画無料視聴に向けて気分を盛り上げておきましょう!

9tsu、miomio、pandoraTV動画視聴リンク

正義のセ第6話の9tsu、miomio、pandoraTVでの動画はこちらから見れます。

 

⇒9tsu

⇒miomio

⇒pandoraTV

 

もし、9tsu、miomio、pandoraTVの動画が削除されてしまっていたら、以下のリンクから見てみてください。

2~3分くらいで登録して、無料トライアル期間ですぐに見れます!

利点としては、動画投稿サイトのような削除リスクがないので確実に見れるということですね♪

⇒Hulu公式で動画を見る