9tsu、pandora、dailymotionでラストサムライを見るには。

このページでは、ラストサムライの9tsu、pandora、dailymotionの動画視聴リンクを掲載しています。

ラストサムライを視聴したい方は、9tsu、pandora、dailymotionを使って視聴するのもいいかもしれません!

ラストサムライのあらすじ

ラストサムライのあらすじです。

分かりづらい部分があるかもしれませんので、9tsu、pandora、dailymotionで動画を無料視聴する前に、予習しておくとより理解が深まります!

 

1876年、南北戦争時代のアメリカ、サンフランシスコでは、ウィンチェスター社=銃器メーカーのパフォーマンスが行われていました。

酒浸りの、ネイサン・オールグレン大尉(トム・クルーズ)は、北軍として南軍・インディアンとの戦いに参加した軍人であり、銃の宣伝をするように雇われていたのでした。

帰ろうとするところに、昔の戦友、セブロン・ガント軍曹(ビリー・コノリー)が待っていて、いい話があると連れていかれます。

 

そこには、かつての上官、バグリー大佐(トニー・ゴールドウィン)と日本の大臣・実業家の大村(原田眞人)が待ち構えていたのでした。

日本は近代国家に生まれ変わろうとしていて、軍隊を養成する専門家を雇おうとしていたのです。

オールグレンは、1人頭月に500ドルならと了承し、ガントと一緒に海を渡り日本へ行くことになりました。

 

日本に着いた2人を、サイモン・グレアム(ティモシー・スポール)という人物が迎えに来て、日本の天皇への謁見場所まで案内します。

その後、サイモンからは、日本は古い時代と近代のせめぎ合いの状態だと説明され、又、勝元盛次(渡辺謙)という元天皇の師範役の武士が反旗を翻していると聞きます。

そして、自分が訓練しなければならない日本の軍隊を見たオールグレンは、驚愕します。

徴収兵は農民出身、武器を持ったこともなく、銃を撃っても的に当たる事もなく、まして人に向かって撃つことも出来ない…。

 

そんな中、勝元盛次が鉄道を襲ったという事で、討伐に向かわなければならなくなり、この軍隊では戦えないと反論しましたが、強引に出動させられる羽目になります。

吉野の山の中を進んで行くと、勝元の軍が襲ってきましたが、案の定、オールグレン指揮する軍隊は総崩れになり、オールグレンは捕虜として連れていかれる事になりますが…?!

ラストサムライの感想

9tsu、pandora、dailymotionでのラストサムライの動画を視聴する前に、ラストサムライを見た感想をお伝えさせてください!

 

この映画の時代背景は1876〜1877年、明治初期の日本、丁度、西南戦争があった時期にあたります。

当然、架空の話なので、西郷隆盛が出てくる事もなく、代わりに反旗を翻した不平士族の頭は、渡辺謙扮する「勝元盛次」になります。

 

上手く話が出来ているので、勝元盛次という武士、妹のたか(小雪)、息子の信忠(小山田真)、家来の氏尾(真田広之)なども、実在するのかと思いました。

所々、?という点もありましたが、外国の方が作られたとは思えないぐらいの「日本の時代劇」に出来上がっていたので、監督さんは日本の事を研究されたのだど感じました。

横浜港という設定の街並みや、吉野の村、官軍との戦の場所など、ごちゃごちゃしている街から、壮大な自然まで、映像がとてもうまかったです。

 

特に、オールグレンと勝元盛次が、心を通わせていき、吉野の村の住人達との関わり方が変わっていったところは、とても良かったです。

住む国も、生き方、仕来り、敵味方なども全然違うのに、分かり合おうとしているのと、武士道についても考えさせられるところも感動しました!

 

現代で言う“武士道精神”とは、侍がいた時代や、戦時中ではないので、意味合いは少し違うと思います。

映画の中でも、ただ武士、侍の精神という意味の“武士道精神”ではなく、自分と向き合う心の姿勢・強さの事を表しているとわかるシーンが沢山あります。

侍や武士道など言葉がよく出てきますが、日本=侍・武士などミーハーな感覚ではなく、オールグレン・外国の人々が日本人の心を知るため、分かりやすくされてるのかと思いました。

ラストサムライの見どころ

9tsu、pandora、dailymotionでラストサムライの動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

見どころは、剣術が素晴らしい所です!

剣術だけでなく、弓矢や体術も含めて武術全体ですが、特に目立ったのが、氏尾役の真田広之です。

JAC(ジャパンアクションクラブ)出身で、殺陣の実力はピカ一、日本舞踊も玉川流の名取でもあり、動きがとても綺麗で、目を奪われます。

主人公のトム・クルーズや渡辺謙より、役どころは少なく控えめな感じですが、やはり、アクションシーンになると1番目立ち、1番見ていたい気になります。

 

他でも、勝元の息子役、小山田真の演技も良かったです。

主に弓矢を使うのですが、戦うシーンだけでなく、感情のこもった演技と、通常の日々の若者の演技と、とにかく大学生の大抜擢とは思えない演技力で、目頭が熱くなります!

武歴がすごくて、日本空手道・テコンドー・韓国宮中武術・少林拳など、段を持っているだけでなく、全米中国武術大会で優勝したりと、映画の中でもう少し実力を見たかったかなと思いました。

 

そして、私たちは日本の時代の流れを知っており、刀が銃器に勝つわけもなく、架空のストーリであっても、勝敗は予想が付きます。

しかし、主人公のトム・クルーズは、勝元盛次ら不平士族の味方になり、負ける方へ主人公が付くという事は…、勝敗はどうなるのでしょうか?

 

ラストが気になる、「ラストサムライ」、是非、ご覧ください!!

ラストサムライの予告動画

こちらはラストサムライの予告動画。

9tsu、pandora、dailymotionでの動画無料視聴に向けて気分を盛り上げておきましょう!

9tsu、pandora、dailymotion動画視聴リンク

ラストサムライの9tsu、pandora、dailymotionでの動画はこちらから見れます。

 

⇒9tsu

⇒pandora

⇒dailymotion

 

もし、9tsu、pandora、dailymotionの動画が削除されてしまっていたら、こちらの方法を試してみてください。

2~3分くらいですぐに見れます!

動画投稿サイトのような削除リスクがないので確実に見れるのでオススメです♪

⇒U-NEXT公式で動画を見る