9tsu、miomio、pandoraTVで家政夫のミタゾノ第5話を見るには。

このページでは、家政夫のミタゾノの第5話の9tsu、miomio、pandoraTVの動画視聴リンクを掲載しています。

家政夫のミタゾノ第5話を見逃してしまった方は、9tsu、miomio、pandoraTVを使って視聴するのもいいかもしれません!

家政夫のミタゾノ第5話のあらすじ

家政夫のミタゾノ第5話のあらすじです。

分かりづらい部分があるかもしれませんので、9tsu、miomio、pandoraTVで動画を無料視聴する前に、予習しておくとより理解が深まります!

 

有名デザイナー森品の家では、弟子の木口一美(佐藤仁美)が自分の作品を盗作したと争っているうちに、森品を気絶させてしまいます。

風呂掃除中に足を滑らせた風にして、出ていこうとする木口の前に現れたミタゾノ(松岡昌宏)たち、木口が帰れと言っても帰らないのです。

その上、森品のデザインを取りに来た会社の人まで来て、仕方なく家の中にあげると、気を失っていた森品が目を覚まして出てきます。

 

倒れて頭をぶつけたショックで、記憶を失くしまった森品。

木口はそれを見て、自分が森品だって言い出します。

真琴(剛力彩芽)は、記憶を失った森品は、お手伝いの木口として働かされるのですが、家事一切何もできません。

気の毒に思った真琴はいろいろ教えますが、いつもの通り、ミタゾノは木口の行動を怪しみます。

 

さらに行動を怪しんでいるのは、ミタゾノだけではなくて、デザインを取りに来た男も実は週刊誌の記者だったのです!!

いろいろバレそうな木口と、森品のデザインはどうなる?

家政夫のミタゾノ第5話の感想

9tsu、miomio、pandoraTVでの家政夫のミタゾノ第5話の動画を視聴する前に、家政夫のミタゾノ第5話を見た感想をお伝えさせてください!

 

冒頭で、ミタゾノさんに扮した松岡昌宏さんが、この世には、パクリと言われるものがあると説明を始めます。

家政夫のミタゾノ自体が、「家政婦は見た」と、「家政婦のミタ」の二つをパクったようなドラマなんですが、ここまで堂々としたタイトルだとパロディとして楽しめるのですが。

ミタゾノさんは、元の作品をリスペクトしてオマージュしていると言えばいいと、言い切ります。

 

「家政婦のミタ」を見ていた人は、三田さんが訪問したお宅の隣に住む怖いおばさん、覚えているでしょうか。

その怖いオバサンを演じていたのが、今回、某トレーニングジムで、ダイエットに成功した佐藤仁美さんです。

オマージュだ、パクリだって回に、その元のドラマに出ていた人が出演するのも面白いです。

 

佐藤仁美さん、さらにダイエットネタで、やたらミタゾノさんにリバウンドネタで、ネチネチいびられます。

これは、佐藤仁美さんのバラエティに出た時のキャラがあるからできるんだろうなって思います。

ダイエットの成功、これが出来ても維持できない人も多いですから。

家政夫のミタゾノ第5話の見どころ

9tsu、miomio、pandoraTVで家政夫のミタゾノ第5話の動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

今回のお仕事は、クリエイティブなお仕事に携わる人ならではの、苦悩が描かれています。

誰かに賞賛されて、賞もたくさんもらって、地位や名声が上がれば上がる程、苦しみも増えていった森品です。

どうしようもなくて弟子の木口のデザインを盗作してしまったのが、このドラマの始まりなのですが。

 

このドラマのこの二人を演じるのは、どちらも怖い先生役や意地悪なご近所さんなどを演じているような女優さん二人だから面白い味になっています。

この二人だけでも、ドタバタしそうなのに、引っ掻き回すミタゾノと真琴のコンビです。

ミタゾノさんの眼光鋭い目で見られると、強い女のキャラの佐藤仁美さんも、敵わないみたいです。

 

ともかく、1時間以内に作らないといけないデザイン画が上手く出来上がるかが、今回の見どころです。

今回、デザイナーの先生の好きなワインにも詳しく、真琴が昔はお金持ちだったと言う話も出てきます。

真琴はいったいどんな人だったのか、そこも今後に注目です。

 

9tsu、miomio、pandoraTV動画視聴リンク

家政夫のミタゾノ第5話の9tsu、miomio、pandoraTVでの動画はこちらから見れます。

 

⇒9tsu

⇒miomio

⇒pandoraTV

 

もし、9tsu、miomio、pandoraTVの動画が削除されてしまっていたら、以下のリンクから見てみてください。

2~3分くらいで登録して、無料トライアル期間ですぐに見れます!

利点としては、動画投稿サイトのような削除リスクがないので確実に見れるということですね♪

⇒U-NEXT公式で動画を見る