9tsu、pandora、dailymotionでターミネーターを見るには。

このページでは、ターミネーターの9tsu、pandora、dailymotionの動画視聴リンクを掲載しています。

ターミネーターを視聴したい方は、9tsu、pandora、dailymotionを使って視聴するのもいいかもしれません!

ターミネーターのあらすじ

ターミネーターのあらすじです。

分かりづらい部分があるかもしれませんので、9tsu、pandora、dailymotionで動画を無料視聴する前に、予習しておくとより理解が深まります!

 

2029年、核戦争後の焼け野原で、機械達は立ち上がり、人間を滅ぼす戦いを続けていました。

その最終戦は、未来ではなく現代のロサンゼルスで行われようとしていたのでした。

 

1984年、ロサンゼルス午前1時、工事中のショベルカーに稲妻が走り、裸の男=ターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)が突然現れました。

それを見たチンピラ達が絡みますが、あっという間にやられ、服を取られます。

同じころ、路地裏でも稲妻が走り、裸の男=カイル・リース(マイケル・ビーン)が現れて、警察から追われることになります。

 

カフェのウエイトレスをしているサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)は、テレビのニュースで、自分と同じ名前の女性が殺されたことを知ります。

ボーイフレンドからデートをキャンセルされたサラは、1人で外出しますが、男につけられているのに気づき、通りがかりのクラブへ入り、電話で警察に助けを求めます。

待っている間に、ターミネーターから襲撃を受け、サラの後をつけていたカイルに助けられ、2人は逃げ出しました。

 

襲撃してきたターミネーターは未来から来たサイボーグであり、未来では機械が思考力を持ち、人間を滅ぼそうとしていたのです。

サラが命を狙われるのは、未来が関係し、サラの息子のジョン・コナーが人類抵抗軍の指揮官をしていて、機械がそのジョンの存在を抹消するために殺人機をタイムスリップさせたのでした。

サイバーダイン社の防衛ネットワーク“スカイネット”が人間を敵とみなし、核戦争を起こす「審判の日」も、数年後の事だとカイルから聞かされたサラ。

ターミネーターからの執拗な襲撃を受け、何とか逃げている時に、運悪く警察に捕まってしまう2人でしたが…?!

ターミネーターの感想

9tsu、pandora、dailymotionでのターミネーターの動画を視聴する前に、ターミネーターを見た感想をお伝えさせてください!

 

「ターミネーター」は、ジェームズ・キャメロン監督による、1984年のアメリカ映画です。

当時、大ヒットした作品であり、続編は現在まで続いているという(監督や登場人物は変更有)人気大作です!

この映画を見たことはなくても、音楽や、ターミネーターの登場シーンなど、今でも色んな番組で出てくるので、知っている方は沢山いらっしゃるでしょう。

 

1984年では、斬新なストーリーで、アクションなども凄かったのだとは思いますが、2018年現在ではCGが使われる作品が多く、やはり時代の流れは感じられると思います。

それも当然の事、近未来の設定が2029年であり、今から10年後ぐらいの未来からのタイムスリップと考えると、どうしても近すぎて“未来”という感覚にあまりなれません。

しかし、現実的にはそうであっても、未来で手がかかる人物を、過去に戻って母親を抹殺する事により生まれなくする、未来が変わるという発想は素晴らしいと思いました。

 

タイムスリップが出てくる映画や漫画など沢山ありますが、1980年代に、殺人ロボットが未来から現代へやって来ると考えられたのが、凄いです!

しかも、殺人ロボットのターミネーターは、物まねなどにも多く使われていますが、1度見ると忘れられないようなインパクトがあります。

登場シーンもさながら、銃を片手にサングラス黒づくめ、バイクを走らす所などは、これぞ「ターミネーター」と思いました。

そして、続きも見たくなるようなラストになっていて、とても面白かったです!

ターミネーターの見どころ

9tsu、pandora、dailymotionでターミネーターの動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

1番の見どころは、ターミネーターのアーノルド・シュワルツェネッガーの登場シーンです!

全裸でタイムスリップしてくる(タイムスリップは生物しか出来ない)というインパクトもですが、シュワルツェネッガーの肉体美が凄い!!

撮影時は30代、ただの筋肉ムキムキでなくゴツゴツしていて、スタイルは逆三角形、人間と思えないような出で立ちで、無表情。

それに比べて、同じくタイムスリップ=全裸のカイル役、マイケル・ビーンはヒョロヒョロで、人間とサイボーグの差がわかります。

 

そして、誰もが知っているセリフ『I’ll be back』。

ターミネーターが言うセリフで、続編でも使われ、ターミネーター=『I’ll be back』と位置づけされているものです。

実際には、「ターミネーター」では、警察の窓口で言ったセリフのみなのですが、印象深かったのだと思います。

意味は『また来る』で、本当に出ていってすぐ来たのと、登場の仕方がすごかったのが、印象に残ったんでしょう。

 

それから、ターミネーターが、撃たれた部分などを自分で治すシーンが強烈にグロテスクでした。

ターミネーターは、人間社会に潜伏できるように、半分人間・半分機械なのですが、骨格は超合金でマイコン制御の機械、外見だけ人間で、汗や息まで人間臭く、血も流れます。

だから、治すと言っても、直すという事になるのですが、外見は人間なので、痛みはなくても見ている方は、痛っと感じてしまいます。

 

次回の新作は、「ターミネーター」「ターミネーター2」の監督、ジェームズ・キャメロンがプロデューサーで、2019年公開予定!!

とても気になる、「ターミネーター」、是非、ご覧ください!

ターミネーターの予告動画

こちらはターミネーターの予告動画。

9tsu、pandora、dailymotionでの動画無料視聴に向けて気分を盛り上げておきましょう!

9tsu、pandora、dailymotion動画視聴リンク

ターミネーターの9tsu、pandora、dailymotionでの動画はこちらから見れます。

 

⇒9tsu

⇒pandora

⇒dailymotion

 

もし、9tsu、pandora、dailymotionの動画が削除されてしまっていたら、こちらの方法を試してみてください。

2~3分くらいですぐに見れます!

動画投稿サイトのような削除リスクがないので確実に見れるのでオススメです♪

⇒U-NEXT公式で動画を見る