9tsu、miomio、pandoraTVでコンフィデンスマンJP第7話を見るには。

このページでは、コンフィデンスマンJPの第7話の9tsu、miomio、pandoraTVの動画視聴リンクを掲載しています。

コンフィデンスマンJP第7話を見逃してしまった方は、9tsu、miomio、pandoraTVを使って視聴するのもいいかもしれません!

コンフィデンスマンJP第7話のあらすじ

コンフィデンスマンJP第7話のあらすじです。

分かりづらい部分があるかもしれませんので、9tsu、miomio、pandoraTVで動画を無料視聴する前に、予習しておくとより理解が深まります!

 

ダー子(長澤まさみ)とボクちゃん(東出昌大)は、リチャード(小日向文世)の知り合いで、”とある事情”で服役中の矢島理花(佐津川愛美)という女性が、資産家の末娘である情報を知りました。

理花の父は、鎌倉に住む資産家で現在闘病中の与論要造(竜雷太)といい、五十嵐(小出伸也)によれば、その正体は違法すれすれの株式操作で荒稼ぎしていた経済やくざでした。

 

理花は”ある事情”で、母親と兄と姉から理不尽な接し方をされていたことがきっかけで、10歳で父の元を離れて実母の所に身を寄せますが、そこでも折り合いが悪いようでした。

理花と面会したダー子は、彼女が要造の家を出て18年間もの間、一度も連絡を取っていなかったと知ると、今回も大胆不敵な行動に出ます。

理花の兄、祐弥(岡田義徳)と、姉の弥栄(桜井ユキ)は突然現れた”妹”に疑惑の目を向けます。

 

そんななか、ボクちゃんはダー子が要造に話したある作り話のせいで、理花を振った造り酒屋を演じる羽目に・・・。

コンフィデンスマンJP第7話の感想

9tsu、miomio、pandoraTVでのコンフィデンスマンJP第7話の動画を視聴する前に、コンフィデンスマンJP第7話を見た感想をお伝えさせてください!

 

初っ端から引き込まれる場面でした。

一見、裕福な家庭の中にいる、温かいお父さんに見える要造ですが、何か引っ掛かる点が感じられますね。

また、お父さんだけでなく長女も、訪ねてきた”ある人物”に冷たい表情を向けています・・・

一体、この家族に何があったのでしょうか。

 

ダー子が仕掛けた”あるトラップ”が気になりますね。

それに、ボクちゃんとリチャードがどのように絡んで協力していくか胸がざわついてきました。

 

ある場面が、ダー子達の危機かな?って思わせる場面でドキドキしました。

”そういうこと”でボクちゃんの出番か・・・一気にここで畳み掛けられるでしょうか。

 

え?!リチャードの”ある情報操作”からとんでもない進展の予感でした。

いつものダー子の展開とは違って、新鮮味があるエピソードでしたね。

 

ダー子凄い・・・目が離せないくらい迫力がありましたね。

要造の悪事を働いている顔とはギャップのある”ある行動”が、父親や、家族の在り方を考えさせるなと思い、胸が詰まりました。

 

ボクちゃんってダー子達の仲間とは思えない程心が真っ直ぐで、ある発言が、それをより一層感じさせる切なさと温もりがありました。

ダー子やリチャードの自分のメリットや、コンフィデンスマンとしての目的を果たす為に動く彼らと、対照的なボクちゃんのキャラクター性も魅力だと思います。

コンフィデンスマンJP第7話の見どころ

9tsu、miomio、pandoraTVでコンフィデンスマンJP第7話の動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

今度釣り上げる「お魚」は、表向きは株式トレーダーの与論。

家族からも「ある事情」で疎まれてきた女性、理花を助けられるのでしょうか。

ボクちゃんはダー子の策略に今宵もまた引っ掛かりますが、それでもダー子達に協力するピュアな彼の奮闘もお見逃しなく。

 

今回のコンフィデンスマンは、いつもの愉快痛快の騙し合いのはずなのに凄く心が温まり、あれ?いつのまにか涙が・・・ってくらい優しい気持ちになれますよ。

コンフィデンスマンJP第7話の予告動画

こちらはコンフィデンスマンJP第7話の予告動画。

9tsu、miomio、pandoraTVでの動画無料視聴に向けて気分を盛り上げておきましょう!

9tsu、miomio、pandoraTV動画視聴リンク

コンフィデンスマンJP第7話の9tsu、miomio、pandoraTVでの動画はこちらから見れます。

 

⇒9tsu

⇒miomio

⇒pandoraTV

 

もし、9tsu、miomio、pandoraTVの動画が削除されてしまっていたら、以下のリンクから見てみてください。

2~3分くらいで登録して、無料トライアル期間ですぐに見れます!

利点としては、動画投稿サイトのような削除リスクがないので確実に見れるということですね♪

⇒FOD公式で動画を見る