9tsu、miomio、pandoraTVで未解決の女警視庁文書捜査官第6話を見るには。

このページでは、未解決の女警視庁文書捜査官の第6話の9tsu、miomio、pandoraTVの動画視聴リンクを掲載しています。

未解決の女警視庁文書捜査官第6話を見逃してしまった方は、9tsu、miomio、pandoraTVを使って視聴するのもいいかもしれません!

未解決の女警視庁文書捜査官第6話のあらすじ

未解決の女警視庁文書捜査官第6話のあらすじです。

分かりづらい部分があるかもしれませんので、9tsu、miomio、pandoraTVで動画を無料視聴する前に、予習しておくとより理解が深まります!

 

ダンサーの遠藤千鶴(板野友美)が天パイプで頭部を殴打され、殺害される事件が発生します。

未解決のまま時が過ぎて6年後、矢代朋(波留)は高校の同窓会に参加し、そこで再開した磯野から、とある重要な情報を知って・・・。

朋は磯野が雇われ店長をしてるカフェバーへ行き、同窓会グループのSNSページを初めて見せられ、そこに朋すら気付かなかったある出来事が。

ですが、磯野が更に何か言いかけた途端、同級生の西島圭人(桐山漣)と袴田高一郎(榊原徹士)が来店し、会話は中断。

朋は続きが気になりながらも、磯野に促されるまま、帰宅します。

 

しかし、三日後・・・

その磯野すらとある事件に巻き込まれてしまい、事態は深刻化していき、激しく動揺する朋・・・。

更には、その日に磯野が同級生の、吉井友莉子(入山法子)と口論している現場を従業員が目撃していて・・・?

 

草加(遠藤憲一)の呼びかけで、第6係は自発的に捜査を開始することに。

そんな中、鳴海理沙(鈴木京香)は、一見どうでもいい話を綴った千鶴のSNSの投稿文の中に、とある暗号を見つけ出し・・・。

未解決の女警視庁文書捜査官第6話の感想

9tsu、miomio、pandoraTVでの未解決の女警視庁文書捜査官第6話の動画を視聴する前に、未解決の女警視庁文書捜査官第6話を見た感想をお伝えさせてください!

 

今回の未解決の女と”ある人物”が、凄く密着した接点があって面白かったですね。

一方で、遠藤千鶴役の板野友美さんのある場面がとても可哀想で・・・

なんとしても解決してほしいと願うばかりでした。

 

朋と理沙の距離がこれまでよりも、何気ないとあるきっかけで”相棒”として繋がってるなって和みました。

ある人の言葉で、理沙の捜査意欲に力が入りそうかなって思いました・・・

文字の神様が降臨するのでしょうか。

 

若者言葉は20代でも今どき難しいですよ・・・解読不能な気持ちが分かります。

現代の高校生達の日常にも起こりそうな”あるキーワード”で、難航した事件に希望の光が差し込みそうですね。

 

矢代の同級生の西島くんに関する”とある出来事”が、ちょっとがっかりでしたね。

端正な顔立ちの男性ほど・・・うーん、”ありがち”なのでしょうかね。

 

朋のある行動と言葉に凄く重みがあり、胸に突き刺さりました。

普段は行動力に溢れ、エネルギッシュなところが目立ちますが、本日の朋はこれまでと違って刑事として成長したなって感じました。

未解決の女警視庁文書捜査官第6話の見どころ

9tsu、miomio、pandoraTVで未解決の女警視庁文書捜査官第6話の動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

元AKBで現在も歌手として活動の場を広げる、板野友美さんがゲストです。

更に、未解決の女といつもと違った”ある企画”があるので、そこを見逃さないでほしいですね。

 

若きダンサーの希望を奪った主は誰なのか?

犯人は同級生なのか、別の人物なのか気になりますね・・・。

朋は大切な友達の死の原因を突き止め、未解決とされた事実を、文字フェチの理沙と共に解き明かせるのでしょうか。

9tsu、miomio、pandoraTV動画視聴リンク

未解決の女警視庁文書捜査官第6話の9tsu、miomio、pandoraTVでの動画はこちらから見れます。

 

⇒9tsu

⇒miomio

⇒pandoraTV

 

もし、9tsu、miomio、pandoraTVの動画が削除されてしまっていたら、以下のリンクから見てみてください。

2~3分くらいで登録して、無料トライアル期間ですぐに見れます!

利点としては、動画投稿サイトのような削除リスクがないので確実に見れるということですね♪

⇒U-NEXT公式で動画を見る