奈良クラブ PK 4人目 奈良クラブ PK 4人目

日本サッカー協会は11日、天皇杯全日本選手権2回戦の名古屋-奈良クラブ(6日、 パロマ瑞穂スタジアム)で、主審にPK戦での競技規則適用ミスがあったとして奈良 クラブが勝ったPK戦を取り消し、1人目からやり直すと発表した。

スポンサーリンク

奈良クラブ PK 4人目

JFLに所属する奈良クラブが、天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会2回戦のPK戦やり直しについて見解を発表した。 奈良は今月6日、名古屋グランパスとの天皇杯2回戦に臨んだ。

サッカー・天皇杯全日本選手権2回戦のJ1名古屋対JFL奈良クラブ戦(6日、名古屋市)で、勝者を決めるPK戦をやり直すことになった問題 … だが、主審は警告せずに蹴り直しを命じ、PK戦を続行。6人目で奈良ク5―4名古屋と決着した。

奈良クラブ PK 4人目

日本サッカー協会(JFA)は11日、6月6日にパロマ瑞穂スタジアムで開催された天皇杯2 回戦の名古屋グランパス対奈良クラブにおいて、PK戦のやり直しを正式決定した。「次ラウンド進出チームの決定に直接影響を及ぼす

天皇杯の名古屋グランパス戦で奈良クラブの4人目のキッカー・金久保彩がフェイントで蹴り直しも競技規則適用ミスでPK戦をやり直し!

奈良クラブ PK 4人目

JFLの奈良クラブが後半30分に追いつき、1―1で延長戦に。 延長戦の15分ハーフでは両チーム共得点が入らず、PK戦になりました。 PK戦では奈良クラブ3人目が失敗しました。 名古屋グランパスはは4人連続で成功。 奈良クラブも4人目

奈良クラブが5?4で制して、3回戦進出を決めていた。 JFAは都内で記者説明会を行い、JFA専務理事の須原清貴天皇杯実施委員長と小川佳実審判委員長が出席して、 謝罪し説明した。 PK戦では奈良クラブの4人目のキッカーがキックする

スポンサーリンク

奈良クラブ PK 4人目

PK戦では3人目が失敗した奈良クラブに対し、名古屋は4人連続で成功。だが、名古屋の5人目が外して4―4となると、先攻の奈良クラブは6人目が成功して逆転、名古屋の6人目が失敗したため奈良クラブが3回戦進出を決めた。

試合は延長戦を終え1―1で、3回戦出場チームを決定するためPK戦を実施。奈良 クラブ4人目の金久保がキック前に不正なフェイントを入れたため、競技規則では当該選手を警告としてキックは失敗扱いとなり、PK戦は「名古屋4―2奈良


スポンサーリンク