ハゲタカ第2話の見逃し配信を動画で無料視聴する方法をご紹介します!

このページでは、ハゲタカ第2話を見逃した!もしくはもう一度見逃し配信を動画で視聴したい方のために快適にハゲタカ第2話の見逃し配信を動画で無料視聴する方法をお伝えしていきます!

今すぐ無料で視聴したい場合はこちらからどうぞ♪

1ヶ月間の無料トライアル期間ポイントが付いてきますので、その間に動画を視聴しちゃいましょう。

 

三葉銀行から4年前、一括で不良債権を買い上げた、鷲津(綾野剛)は、次の狙いである太陽ベッドの企業買収に動きます。

相手はまた、三葉銀行の飯島から300億の債権のある太陽ベッドを40億円で買い取りました。

創業者一族の浪費と放漫経営で膨らんだ会社を立て直すために、創業者一族の撤退を申し出たのですが、思わぬ抵抗にあってしまいます。

 

太陽ベッドの現在の社長(かたせ梨乃)は、民事再生法を用いて、新たなるスポンサー探しをオークションで選ぶと言いだします。

どうしても太陽ベッドの技術を手に入れたい鷲津は、ギリギリの攻防で、オークションに向かっていきます。

 

そしてもう一方で、外資系ホテルで出会って、現在は実家である日光みやびホテルの支配人になった貴子(沢尻エリカ)のホテルの買収も考えていました。

ここもまた、経営難になっていたのです。

ハゲタカ第2話の見逃し配信を動画で安全・快適に無料視聴する方法

動画は、U-NEXTという公式の動画配信サービスで見ることができます。

 U-NEXTは月額制のサービスで、通常は1990円かかるんですが、初回登録時には31日間無料トライアルで使うことができます。

 

また、U-NEXTをオススメしているのには理由があり、この無料トライアル時に600ポイントをもらうことができます

U-NEXTの動画配信作品には

・見放題作品

・ポイントレンタル作品

の2種類があり、この作品はポイントレンタル作品。

なので、無料トライアル時にもらえる600ポイントを使用すれば、無料で動画を見ることができるんです♪

もちろん、視聴したあと更新せずに解約すれば無料のまま料金もかかりませんので安心です。

 

⇒U-NEXT公式で動画を見る

 

 

U-NEXTは月額料金が少し高く設定されていますが、

・国内海外ドラマ・映画・アニメ作品の動画が10万本以上配信されている

・TSUTAYAやGEOでのレンタルと同時に動画配信が開始される

・家でスマホに動画をダウンロードして持ち歩ける

・成人向けコンテンツの配信

・雑誌の読み放題

など、サービスの質が高いことが特徴です。

U-NEXTオススメ作品

・デッドプール

 

・DESTINY鎌倉ものがたり

 

・パラサイト

 

・グレイテスト・ショーマン

 

・ライジング・ドラゴン

 

他、ドラマやアニメも配信中!

人気雑誌も読み放題!

U-NEXTでは動画だけでなく電子書籍も充実しており、コミックなどはポイント制のものが多いのですが、雑誌は基本読み放題なのでファッション誌や趣味の雑誌、週刊誌などを読むことができます♪

 

⇒U-NEXT公式で動画を見る

 

 

ハゲタカ第2話の感想

ハゲタカ第2話の見逃し配信を動画で視聴する前に、ハゲタカ第2話を見た感想をお伝えさせてください!

 

会社を作った時の創業者の思いというのは、自分の娘に良いベッドを与えてあげたいというものでした。

今の社長である中森瑞恵のためです。

しかし、そんな父親の思いが、踏みにじられている現実を鷲津は目にします。

 

古くからいた社員たちに話を聞いて、社員や工場の人達を味方にしてしまう鷲津です。

外資企業が、日本の老舗の会社を乗っ取っていくと聞くと、日本人として悔しい気持ちになりますが。

創業者の思いを大切にしたい鷲津を見ていると、日本古来の人情というものは、鷲津の方に強く感じます。

 

今の日本は、2代目、3代目のボンボン育ちが会社や政治をダメにしていると聞きますが。

まさにそんな縮図を見せているように感じます。

ハゲタカ第2話の見どころ

ハゲタカ第2話の見逃し配信を動画で視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

大きな見どころは、企業買収の駆け引きをする時のキリキリするようなやり取りです。

相手が出せる金額を計算して、それを超えた金額を出してきた時、その金額はどこから出してきたのかを調べて戦っていきます。

それも10分や20分で、その調査をしてやっているのです。

 

知能の高い人達のマネーゲームにワクワクさせられます。

 

みてほしい見どころは、鷲津が、丁寧な仕事をしている工場長たちの仕事を見に行くシーンです。

生まれてきた子供が、安心して眠ることが出来るベッドを作ることは、前社長のこだわり。

だからこそ太陽ベッドはブランド化し、多くの人に求められるものになりました。

それを、どこの誰かもわからないスポンサーがついて好き勝手されることに、工場長は危機感を感じていました。

 

でも鷲津は、現場の人達の意見を吸い上げての、起業再生を考えているのです。

モノづくりの最初に立ち返る、その姿勢にグッときます。

今後も、外資だけど、日本人の心意気の様なものを感じられる買収を期待できそうです。

 

⇒U-NEXT公式で動画を見る