この世界の片隅に第4話の動画をpandora、dailymotion、9tsuで無料視聴する方法をご紹介します!

このページでは、この世界の片隅に第4話をを視聴したい方のために

・海外サイトのpandora、dailymotion、9tsuでのこの世界の片隅に第4話動画視聴リンク

・もっと快適にこの世界の片隅に第4話の動画を無料視聴する方法

をお伝えしていきます!

今すぐ無料で視聴したい場合はこちらからどうぞ♪

登録月無料のトライアル期間が付いてきますので、その間に動画を視聴することができます!

 

「住所は知っていても、行ったことのない土地」

りんの言葉に絵を描くすず。

でも、海軍のあるこの街では、入江や船のある絵を描く行為は禁止されていて、スパイだと言われてしまいました。

憲兵に連れられて家に帰って叱られたけど、家の人達は優しく迎えてくれました。

 

それでも、その緊張から倒れてしまったすず。

義母が妊娠した時も貧血を起こしたことから、すずは病院に行き確かめてもらいます。

みんなが期待して送り出してくれたのに、妊娠していないことがわかり、すずはりんを訪ねて話を聞いてもらいました。

りんと話して、気持ちが楽になって帰るすず。

妊娠していなかったことは言い難かったのですが。

 

径子が、「じゃあ、私の代わりに水くみしてね」と言って水運びをさせるのですが、その様子を見ていた近所の人達の温かい「すずさん、がんばれ」の言葉に、すずは貧血の症状も治ってしまいます。

夕飯の支度を終えた頃、径子の息子が径子を訪ねてきます。

息子を自分の手元に引き取りたい径子にとって、辛い言葉をもってやってきたのです…。

pandora、dailymotion、9tsu動画視聴リンク

この世界の片隅に第4話のpandora、dailymotion、9tsuでの動画はこちらから見れます。

ただ、pandora、dailymotion、9tsuにあるこの世界の片隅に第4話の動画は違法アップロードされているものなので、anitubeや漫画村の閉鎖のように、法的な問題やPCやスマホがウイルスに感染する可能性もあり、推奨はしません。

使用はあくまで自己責任でお願いします。

 

また、こうした違法アップロードサイトに掲載されている動画は画質が悪かったり、すぐに削除されたりというストレスもあります。

この次に高画質の動画を快適に無料視聴する方法もご紹介していますので、そちらも試してみてください。

 

⇒pandora

⇒dailymotion

⇒9tsu

 

pandora、dailymotion、9tsuでの動画視聴は、動画削除リスク、ポップアップ広告などによる視聴妨害、そしてさらに…

など、ウイルスのリスクがあります。

安全・快適に無料視聴する方法もちゃんとありますので、不安な方はこちらを試してみてください!

この世界の片隅に第4話の動画を安全・快適に無料視聴する方法

動画は、Paraviという公式の動画配信サービスで見ることができます。

 Paraviは月額制のサービスで、通常は925円かかるんですが、初回登録時には登録月無料のトライアルで使うことができます。

(なので、月初めに登録するのがおトクです♪)

 

ParaviではParaviチケットと呼ばれるポイントのようなものが必要な作品もあるんですが、このドラマはチケットを使わずに、登録しているだけで見ることができちゃうのもポイント!

なので、無料トライアル中に見ることができます♪

もちろん、視聴したあと更新せずに解約すれば無料のまま料金もかかりませんので安心です。

 

Paraviは月額料金も他のビデオ配信サービスに比べて安く設定されていますし、

・国内海外ドラマ・映画・アニメ作品の動画が多数配信されている

・TSUTAYAやGEOでのレンタルと同時に動画配信が開始される

・家族でPCやスマホから楽しめる!

・TBSが大株主という信頼のバックボーン

など、サービスの質が高いことが特徴です。

 

とりあえず無料トライアル期間があるので、サクッと動画を楽しんでみてください♪

⇒Paravi公式で動画を見る

 

 

この世界の片隅に第4話の感想

pandora、dailymotion、9tsuでのこの世界の片隅に第4話の動画を視聴する前に、この世界の片隅に第4話を見た感想をお伝えさせてください!

 

この時代、戦争に駆り出される人や、死んでいく若者が沢山いたので、子供を産むことは国策でした。

「産めよ増やせよ」「一億総火の玉」

人間としてよりも、国民も一つの武器のように思われていたような時代です。

この作品の脚本を書いた脚本家は、朝ドラ「ひよっこ」の中でも、兵士たちが悲惨に死んでいったインパール作戦について触れていました。

 

人には1人づつ大切な命と、人生があります。

それを無視して殺し合う戦争に対しての静かな怒りを、すずとりんの会話に感じました。

「子供を産むのは義務、それが出来ない私は、厄介者として実家に帰されるのだろうか」

そんな言葉に、「親から売られた私でもいいことはある」と悲しむよりも、生きることの大切さを言って背中を押していたように感じます。

 

家を守るために産むということは、4話でやってきた径子の息子にも言えました。

父親が死んでしまった家で、母親が出て行っても「家」を守る事を、使命と考えた幼い息子の決意も哀しかったです。

この世界の片隅に第4話の見どころ

pandora、dailymotion、9tsuでこの世界の片隅に第4話の動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します!

 

見どころは、女たちの会話です。

跡取りを産むために嫁をもらう、そんな時代の女性たちの会話が切ないです。

みんなが期待して待っているのに、妊娠じゃなかったと言われて真直ぐに帰れず、りんの所に行ったすず。

 

夫が出征する前に子供が欲しいという事で嫁に来たけれど、恵まれないまま出征に送りだしてしまった近所の志野。

なかなか恵まれず、いじめられていたがやっと息子を産んだら、今度はその息子を家の物扱いする姑のいた径子。

それぞれの思いを、井戸端で語り合うシーンは、この時代の女たちの心のはけ口だったんだなと感じます。

 

ただ、広島市に住む息子を径子が送りだす、昭和19年。

次の年の8月6日には、大きな原爆が広島を焼き尽くします。

その時代背景がこの先待っているので、それをどう描くのかが今後は気になります。

この世界の片隅に第4話の予告動画

こちらはこの世界の片隅に第4話の予告動画です。

動画無料視聴前に気分を盛り上げておきましょう♪

 

⇒Paravi公式で動画を見る